戻る

前ページ   次ページ

和書 3148951 (285)



365日の折込チラシ大百科―チラシデザインの決定版
販売元: ピエブックス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






365日のオンリーワン・マーケティング―マンダムの革新的DNA経営
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「マンダム」という会社を紹介した本です。マンダムという会社の歴史から始まり、メイン(半分以上)は、「マンダム」の戦略やマーケティング(事業ドメインの決め方、競争の戦略、海外市場への参入、市場の分析、商品の企画、ブランド構築、価格戦略、プロモーション・広告戦略、流通や店舗の考え方、データベースマーケティングなど)の説明です。

あと、生産体制やこれらを支える組織のありかたについて、説明してあります。

堅苦しい説明ではなく、「このような状況で、こう考え・行動した」という感じで話が進む部分が多いです。読みやすいですし、マーケティングの生きた教科書!という感じです。「マンダム」という会社も、よくわかります。




365日の折込みチラシ大百科 秋冬編 期間:7~12月
販売元: ピエ・ブックス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






360度評価制度事例集―多面評価の先進12社導入例 (ニュー人事シリーズ)
販売元: 日本経団連出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






360度人事評価の正しい取り入れ方―アメリカ企業で成功している
販売元: 中経出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

思いましたが、何か新しい制度を検討する際に、自分が思うところの「360度人事評価」でなくて、BESTの形態の「360度人事評価」で判断しないと見誤まりますね。それぞれに関してきっちり詳しい情報を取っていく必要があると思います。

 この本は360度人事評価に関する本ですが、メリットとデメリット、できる事とできない事をちゃんと併記しています。

 まず、本書では評価を「業績評価」「コンピテンシー」「勤務態度」に分けてます。そして、業績評価には360度評価の必要は無いと断言しています。売上目標10億!とか言う目標の成果を多人数で評価しても意味は無く、それは上長がやれば良い事です。

続いてコンピテンシーですが、これは「行動」という意味だそうです。目標を達成するためにどうやったか?とか、関連部署や同僚にどんな働きかけをしたか?とか、仕事に対するイニシャティブを取ったか?などを示します。

 上司は当然ですが部下の行動を100%見れるわけはありません。また、上司は往々にして出張して不在です。「見てないものが評価する」のは当然精度が下がりますし、被評価者の不満も増えます。このコンピテンシーの評価に関して(補助的に)360度評価を導入するのがBESTだと筆者は書いています。また、多数の目を使うことで、ばらつきが押さえられ評価が安定する効果もあります。
 (ちなみに勤務態度に関しては「ついでにやっても可」ぐらいのスタンスです。)
 
 また360度評価のもうひとつの効果として、他人を評価する事でコンピテンシーに関してあるべき姿勢や求められている姿がはっきりするという言わば教育的効果もあると筆者はあげています。これにより業績が改善される可能性もあるとの事です。

 もちろんデメリットに関しても(その対策も含めて)書いてあります。例えば、評価コストの増大や裏取引の可能性などがあげられています。
 
 成果主義は差を増大させ、その不満解消には評価制度の向上が効果的です。
BEST(に近い)360度評価の方法をこの値段で得られればかなりお得だと思いました。




35歳で独立したいあなたに
販売元: イースト・プレス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

独立しようと力が入りすぎている人をいさめるような内容もあれば、独立に対して躊躇している人には後押しをしてくれるような、非常にバランスのよい、素直なメッセージがたくさんあり参考になりました。独立をする計画段階で、もう一度読み直すつもりです。




35歳からの独立開業の方法 (KOU BUSINESS)
販売元: こう書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






35歳からの独立・開業で成功する法
販売元: 海南書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






35歳からの「資格試験」勉強法
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

どなたかが書いていらっしゃいましたが、山本さんがお書きになった内容の資格を取られる方には良いと思うのですが、それ以外の人間にとってはどうなのかなと思いました。これであれば同様の「勉強法」なる本と同じ内容なのではないかと思いました。
個人的には物足りないかなと思った次第です。




350~600点をめざす TOEICテストスコアがグングン上がる魔法の本
販売元: 日本実業出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 申し込んだときは試験まで3週間くらいしかなかったので、ぶっつけ本番とも思いましたが、何か短期間でやれるものは無いか?と思って購入しました。”魔法”はちょっと大げさだけど、やる方としては内容にストレスを感じないうちに最後まで終わります。
 とりあえず試験を申し込んだけど時間がなくて…という方にお勧めします。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ