戻る

前ページ   次ページ

和書 3327241 (35)



Aが響く前に
販売元: 日本テレビ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






AV男優
販売元: 扶桑社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「AV女優」という、面白いルポがあったが、内容的にはその裏返し。「AV女優」は、何故、AV女優になったか?というそれまでの半生に焦点をあてていたが、この「AV男優」は、職業観や女性観がどう変化したか?という視点が強いように思われる。

15人の有名なAV男優に、インタビューを行い素顔に迫ろうという狙いになっている。この本を読む限り、AV男優というのは、想像以上に過酷な職業であり、何よりSEXが職業になった場合、「何故、好きでもない女と・・・」という感情が湧いたりしてくるらしい。又、逆セクハラというのもあり、女優が、感じないことを露骨に示すことによって自信喪失したりすることもあるようだ。こういった撮影現場とプライベートの使い分けは、実はかなり難しい。




AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫)
販売元: 幻冬舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「AV女優」という、面白いルポがあったが、内容的にはその裏返し。「AV女優」は、何故、AV女優になったか?というそれまでの半生に焦点をあてていたが、この「AV男優」は、職業観や女性観がどう変化したか?という視点が強いように思われる。

15人の有名なAV男優に、インタビューを行い素顔に迫ろうという狙いになっている。この本を読む限り、AV男優というのは、想像以上に過酷な職業であり、何よりSEXが職業になった場合、「何故、好きでもない女と・・・」という感情が湧いたりしてくるらしい。又、逆セクハラというのもあり、女優が、感じないことを露骨に示すことによって自信喪失したりすることもあるようだ。こういった撮影現場とプライベートの使い分けは、実はかなり難しい。




AV時代―村西とおるとその時代 (幻冬舎アウトロー文庫)
販売元: 幻冬舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ビデオでは、知られていた女優や監督たちの素顔や、金銭面での
ドロドロした騙しあいが、詳しく当事者によって解説されていて、
リアル。ただ、私もそうだが、著者が睡眠薬中毒や、うつ病の薬の副作用で、文章に力が無く、情報も細かな点にまで触れていない。ただし、
村西監督のトーク面白さがダイレクトなのは、嬉しい。エロ業界の
生き証人は、とても熱い。写真がないのが残念。




THE ATOMIC BOMB AND HIROSHIMA
販売元: リーベル出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The atomic bomb and Hiroshima
販売元: リーベル出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ASIAN JAPANESE〈3〉 (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

パスポートのいらない異国、沖縄。
日本の中にあってアジアに近い街だそう。
しかしそう感じるのも当然だろう。
沖縄は日本とは別の歴史を長い期間刻んできた地域だ。
だがやはり、気候の違いが最も大きいのではないだろうか。
すべてを焼き尽す太陽が存在するのは沖縄だけ。
海がある土地だから、というよりは亜熱帯に属する土地ならではの気質だと思う。

今回のアジアンジャパニーズでは、その沖縄を本島と離島へと旅をし、そして著者の故郷である諏訪と対比させている。
前作との違いは、そこに住む人や流れていく旅人だけではなく、その土地そのものを見つめていることだ。
挿入されている写真も、風景が多い。
そして故郷を通して、自分自身をまっすぐに見つめているように思えた。
ただ思ったままをポツポツと綴ってあるかんじなので、文章がやや単調に思えた。
カメラマンであってエッセイストではないからね。
しかし海に囲まれた沖縄も山奥の諏訪も、行ったことがなくてもその空気をなんとなく感じることができた。





ASIAN JAPANESE―アジアン・ジャパニーズ〈2〉 (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 1996年に情報センター出版局から出た単行本の文庫化。
 前作とは趣向を変え、パリが主眼になっている。構成としては、まずベトナムへ、それからパリ、またベトナムに帰るというもの。ただ、通読した印象ではベトナムは霞んでしまっている。あと、写真の力が弱くなったような。やはり、パリではみんな、いちおうは身綺麗にしているからだろうか。
 取材相手に対する、突き放したような文章が心地よい。心の交流があったりもするのだが、(著者自身も含めて)みんな孤独な影を背負っている。充実した楽しい日々を送っているつもりでも、外国で暮らす日本人はこか虚ろなものを抱えているように思う。そこをうまくつかまえて引っ張り出した本であった。
 前作とはがらりと違うものになっているが、これはこれで面白い。




ASIAN JAPANESE―アジアン・ジャパニーズ〈1〉 (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

会社を辞め旅先で著者は問われる。
where are you going?
著者は言う。
i don't know.
言うまでもなく酔狂。最高だ。
全く計画がなかったわけではないと思う。
それでもだ。

旅先に向かう飛行機の中で上司の悪口を言うOL達。
著者は”同じ飛行機に乗りながら全く別の旅”と綴っている。
学校を中退した当時に読んだ私としては、いろいろと思うところがあった。
旅の内容も女にカモられそうになったりワイロみたいなことしたりと面白い。

これはノンフィクションだ。
他の方が仰っているとおりボキャは少ないが、そんなことはまるで問題にならない。
題名から誤解を招きそうですが、アジアにおける日本人みたく堅苦しい本ではありません。
素直にいい本だと思います。




大震災ボランティア (ASAHI NEWS SHOP)
販売元: 朝日新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ