戻る

前ページ   次ページ

和書 3327241 (228)



がん告知―解けなかったパズル
販売元: 立風書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がん六回 人生全快―現役バンカー16年の闘病記
販売元: 朝日新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

知り合いから薦められて読んだ本ですが、大変感動しました。
文章全体が著者の語り口調の感じで、病気を宣告されたときのお気持ち、どれほどの心の痛みだったか、私の心にも伝わって来て、本に引き込まれるように一気に読み上げてしまいました。

ご家族の方、会社の方の暖かい接し方、お医者さんとの信頼関係等、普段健康な私には全くの別世界を覗かせて頂いた感じです。
著者の「諦めない気持ち」に、強さと誠実さを感じ、私も仕事やプライベートや、人生に対して、もっと真剣に取り組みたい、誰かの役に立ちたい!という気持ちになれました。

ガン患者さんだけでなく、病気を患っていらっしゃる方、そのご家族、またお医者さんにも是非読んで頂きたいと心から思いました。




がん六回 人生全快―現役バンカー16年の闘病記 (朝日文庫)
販売元: 朝日新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は、著者の闘病の道のりを時系列に沿って記述したものです。それに加えて本の最後のほうに著者の担当医3人と著者による座談会の様子が入っています。
著者は冷静に考え、様々なことを自ら調べたり医師に質問したりしています。この積極的な姿勢があったからこそ著者は様々な難関をクリアできたのだと思います。
しかし著者と同じことをすべての患者さんが行うことが出来るか、というのはやや疑問です。例えば友人の知人が肝がんの世界的権威たる医師だった、という状況は多くの人には当てはまりません。




がん人生
販売元: データハウス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

筆者が亡くなったことをきっかけに、公立図書館で借りて読みました。我が家はがんの家系ではなく、私自身まだ若いこともあり、今までがんの闘病についての書物や記事に興味をもったことはをありませんでした。しかし、訃報とともに、生涯独身であったことや乳がんを克服したこと、近親者があまりなく亡くなったことなどを知り、派手なイメージの芸能人だったけれど、どのような人生を送っていたのかと思い興味を持ちました。「いただきます」を視聴していたころの自分よりは、だいぶ人生経験を積んだこともあり、一気に読むことができました。また、戦後を強く明るく頑張ってきた人々が生きた昭和と、いまの医療が発達した、ある意味冷静でスマートな平成の違いを感じることもありました。高学歴化が進み、私の目にする本でも、文章がうまく、意見に根拠のある書物が多いですが、この本はどちらかというと精神論的な部分もありますし、筆者が飾ることなくありのままを書いています。だから、冷静な目でみると世代の違う私には疑問を持つ部分もありましたが、自殺者が多い昨今、何度も死の不安と闘ってきた筆者の「生きることはすばらしいことだ」というメッセージが、心に残りました。
大きな頭に派手な衣装を身に着けながら、筆者がこのような闘病生活やお母様の面倒を見られていたとは知りませんでした。そう思うと、自分の甘さを感じました。また、売れている時期にかかれた古い本ですので、ここ10年くらいをどのような思い出過ごされていたのか、別の方の編集でもよいので、なにか本が出たらいいなと思いました。




がん・奇跡のごとく (文春文庫)
販売元: 文藝春秋

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がん・いのちの証―医療ソーシャルワーカーからあなたへ
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がんを道連れに13年―いのちを見つめて
販売元: 未来社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がんを愛しつつ生きる―ボランタリズムの実践哲学
販売元: 清水弘文堂

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がんを味わう旅
販売元: 新日本出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






がんを友に生きる―空蝉橋を渡ったジャーナリスト
販売元: 元就出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ