戻る

前ページ   次ページ

和書 3327241 (308)



ちいさな村に汽車がきた―東海道線菊川駅ものがたり (愛と勇気のノンフィクション)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ちいさな地球人たち―子どもの異文化コミュニケーション
販売元: 日本評論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ちいさなカフカ
販売元: みすず書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

どこの国専門の文学者にせよ、その書棚はご本人にとって、宝物と、
分類できない雑多なものが詰まったおもちゃ箱である。
カフカの隣にミラン・クンデラや長谷川四郎が並んでいても、さらに片岡千恵蔵のビデオが立てられ、チェコの旅先でのノートが差し込まれていても、
本棚という空間では、そのカオスは受け入れられる。池内氏は、その背表紙を見ながら、
そこにそれらが並んでいるという接点を、「ほんのちょっとしたこと、ちいさな手がかり」で持って
著している。ボックス・アート流遊び心。自称、カフカの息子という、インチキ男もちゃんと納まっているのがおかしい。
こういう文学論のやりかたもあったのかと思える本。




だれも書けなかった宮澤賢治論・武田泰淳論―知覚の扉の彼方から
販売元: 講談社出版サービスセンター

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






だれが角栄を殺したのか?―政治家・田中角栄の研究
販売元: 光人社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






だれが干潟を守ったか―有明海に生きる漁民と生物 (人間選書)
販売元: 農山漁村文化協会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






だれがサダムを育てたか―アメリカ兵器密売の10年
販売元: 日本放送出版協会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






だれが、いばら姫を起こしたのか―グリム童話をひっかきまわす
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

グリム童話の裏に潜む、中世ドイツの生活の状況や、
行間に込められた意味を学術的に暴いていき、
興味深い議論が行われている。

昨今有名になった「本当は怖いグリム童話」は、この本の内容を参考に、
より大衆的にしたものとしか思えないぐらい、こちらの方が、
議論の基礎がしっかりしているように感じます。




だれが、いばら姫を起こしたのか―グリム童話をひっかきまわす (ちくま文庫)
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






だらだら虫参上
販売元: 日本図書刊行会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ