戻る

前ページ   次ページ

和書 467256 (86)



いつかみた青 (ノベル倶楽部)
販売元: 日本文学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかまた会える―顕信:人生を駆け抜けた詩人
販売元: 中央公論新社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

香山リカといえば多彩な精神科医だ。大学の助教授、臨床医、評論家・作家…。このあまりにも順風満帆なだれもがうらやましがるセレブな生活にも虚無感がつきまとうという。最初、なに言ってるんだいと少しむっとし、読み終わる頃には少し理解できた気がした。顕信とその作品に出会って、香山リカはそこにある「自分」に恐ろしくシンパシーを感じたのだろう。彼はときに自意識過剰、孤独、あるいはミーハーに自由律俳句を精力的に作り続けた。同世代の二人だが、顕信は25歳という若さで死に、香山は生き残る。その生き残った者として、何かを伝えたい。そんな彼女の声がこの作品には聞こえてくる。君はこんな人だったんだねと、尾崎豊や鬼束ちひろを解して、そっと会ったこともない友人、顕信に語りかける彼女は、評伝の新境地を築いてみせてくれた。少々ウエットではあるが、読む価値大いにあり。




いつかは風のように―続・学校の詩
販売元: 日本図書刊行会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかの未来は夏の中
販売元: 七賢出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかの時代 (toppu)
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかという苦しい希望
販売元: 文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかその日が
販売元: 鳥影社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いつかきっと
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本文中の一つ一つの言葉が心にしみるようで、心が温かくなるりました。
また、心に元気がもらえるようで、挿絵もほのぼのとして文面にあっていました。 何より、読み終えたあとに自分の心が優しい気持ちになっていることは驚きです。




いつかきっと
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いっぱいの水 (シンプーブックス)
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ