戻る

前ページ   次ページ

和書 467262 (46)



AIソロモン最後の挨拶 (創元ノヴェルズ)
販売元: 東京創元社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






AIDS(エイズ)―「薬害エイズ」告げられなかった真実 (マガジン・ノベルス・ドキュメント)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ADI´OS A RUIBARBO
販売元: 新世研

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






アコーディオンの罪 (ACCORDION CRIMES)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ABC美術館―ベイビー・アインシュタイン (ベイビー・アインシュタイン)
販売元: フレーベル館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ABC殺人事件〈下〉 (名探偵ポワロとミス・マープル)
販売元: 汐文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「ABC」を名乗る正体不明の犯人により、Aで始まる地名の町で、Aで始まる名前の人が殺害される。
BそしてCでも同様の殺人が。

そして現場には、ABC鉄道時刻表が残されていた……。

狭義の〈ミッシング・リンク〉テーマの逆パターン(広義では含む)。

ある法則に基づいた連続性を提示することにより、捜査を
誤った方向に誘導しようとする犯行が描かれた作品です。

読み終えて感じるのは、犯行意図の不自然さ。

道具立てや趣向は面白いんですが、いくらなんでもこんな手間が掛かって
リスキーなことはやらないだろうと。どうしても思ってしまいますw

ただ、それでもやっぱり、クリスティがすごいのは〈ミッシング・リンク〉以外に
もう一つ、当時としては先駆的なテーマを盛り込んでいるところ。

本作は、そうした「合わせ技一本」もあり、ミステリ史のなかで色褪せない輝きを放っているのです。





ABC殺人事件〈下〉 (アガサ・クリスティー探偵名作集)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「ABC」を名乗る正体不明の犯人により、Aで始まる地名の町で、Aで始まる名前の人が殺害される。
BそしてCでも同様の殺人が。

そして現場には、ABC鉄道時刻表が残されていた……。



狭義の〈ミッシング・リンク〉テーマの逆パターン(広義では含む)。

ある法則に基づいた連続性を提示することにより、捜査を
誤った方向に誘導しようとする犯行が描かれた作品です。


読み終えて感じるのは、犯行意図の不自然さ。

道具立てや趣向は面白いんですが、いくらなんでもこんな手間が掛かって
リスキーなことはやらないだろうと。どうしても思ってしまいますw


ただ、それでもやっぱり、クリスティがすごいのは〈ミッシング・リンク〉以外に
もう一つ、当時としては先駆的なテーマを盛り込んでいるところ。

本作は、そうした「合わせ技一本」もあり、ミステリ史のなかで色褪せない輝きを放っているのです。





ABC殺人事件〈上〉 (名探偵ポワロとミス・マープル)
販売元: 汐文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この作品はABC殺人事件を非常に読みやすく書いています。

特に興味深かったのは、ヘイスティングスとポアロの会話で
第3の事件であせっているヘイスティングズにポアロが

「きみにはバランス感覚ってものがないんですよ。ヘイスティングズ。いくら慌てても、決まった時間よりも前に列車はでません。服を台無しにしたところで殺人を防ぐ役には立ちません」

のところが冷静なポアロと(一般人的な)ヘイスティングとの違いを
表していてとても興味深かったです




ABC殺人事件〈上〉 (アガサ・クリスティー探偵名作集)
販売元: 岩崎書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「ABC」を名乗る正体不明の犯人により、Aで始まる地名の町で、Aで始まる名前の人が殺害される。
BそしてCでも同様の殺人が。

そして現場には、ABC鉄道時刻表が残されていた……。



狭義の〈ミッシング・リンク〉テーマの逆パターン(広義では含む)。

ある法則に基づいた連続性を提示することにより、捜査を
誤った方向に誘導しようとする犯行が描かれた作品です。


読み終えて感じるのは、犯行意図の不自然さ。

道具立てや趣向は面白いんですが、いくらなんでもこんな手間が掛かって
リスキーなことはやらないだろうと。どうしても思ってしまいますw


ただ、それでもやっぱり、クリスティがすごいのは〈ミッシング・リンク〉以外に
もう一つ、当時としては先駆的なテーマを盛り込んでいるところ。

本作は、そうした「合わせ技一本」もあり、ミステリ史のなかで色褪せない輝きを放っているのです。





ABC殺人事件 (講談社青い鳥文庫)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「ABC」を名乗る正体不明の犯人により、Aで始まる地名の町で、Aで始まる名前の人が殺害される。
BそしてCでも同様の殺人が。

そして現場には、ABC鉄道時刻表が残されていた……。



狭義の〈ミッシング・リンク〉テーマの逆パターン(広義では含む)。

ある法則に基づいた連続性を提示することにより、捜査を
誤った方向に誘導しようとする犯行が描かれた作品です。


読み終えて感じるのは、犯行意図の不自然さ。

道具立てや趣向は面白いんですが、いくらなんでもこんな手間が掛かって
リスキーなことはやらないだろうと。どうしても思ってしまいますw


ただ、それでもやっぱり、クリスティがすごいのは〈ミッシング・リンク〉以外に
もう一つ、当時としては先駆的なテーマを盛り込んでいるところ。

本作は、そうした「合わせ技一本」もあり、ミステリ史のなかで色褪せない輝きを放っているのです。



前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ