戻る

前ページ   次ページ

和書 467270 (319)



あるべき金融 リスクテイクなくして再生なし
販売元: 東洋経済新報社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 本書は経済界でも著名な3人の講演をもとにしてまとめた一冊。日本の金融の問題点などは確かに語られているものの、いずれも著者がテレビなどのメディアで言っていたことを繰り返しているもので、特に目新しさは感じませんでした。ただ政策の転換などを叫ぶのはいいですが、それではどういう方向性にすればいいのかなど、肝心な「あるべき金融」が今一つ見えなかったのは残念です。




あるべき明日―日本・いま決断のとき
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

日本のあるべき姿について
数多くの人が意見を述べているが、
本著は、堺屋太一氏による日本のあるべき姿について
論じられた一冊である。

我々日本の国民にとって、今、一番必要なことは
日本のあるべき姿、将来像について
国民一人一人が意見を持つことではないだろうか。

問題意識を持つこと、そのスタートとして

本著をイントロダクションとされてはいかがだろうか。




あるぷす大将
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あるぷす大将 (1958年) (角川文庫)
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あるぷす大将 (1957年)
販売元: 桃源社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あるぷす大将 (1952年)
販売元: 桃源社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あるく魚とわらう風
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本重量約370グラム。第1刷発行97年。初出は『青春と読書』95年8月号~96年12月号97年2月号、「よれざれ旅日記」を改題とある。日記形式二段組、活字量多め。著者監督映画を全国行脚で上映、銀座のカラスパート2予備取材、家族は自分以外外国へ、チベットから帰ってきた妻の執筆量に驚いている、自然保護運動の会合に出席、選考委員をしている文学賞の応募原稿読み、会合場所の料亭で違う座敷に通されること二度、などなど。酒はよく飲むが深酒をせず素早く帰宅し、朝は早起き、トレーニングを欠かさない、原稿はどこででも書く、平行移動があわただしいという生活態度が見える。作家として気になる記述はp131「ぼくはどうも冬期鬱病の気があるようで」p160「七枚を超えるとその原稿は完成する」。自宅にDVDを導入し!て終わる。




あるく魚とわらう風 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本書は「青春と読書」に連載されていた日記を掲載したものです。
椎名誠の日記本を読むたびに驚かされるのですが、とにかく目まぐるしく
動き回っています。映画の撮影、その上映会の立会い、文学賞の選考委員の
仕事、講演会、あやしい探検隊の旅、そして連載原稿の執筆などいろんな
出来事が複雑に絡み合います。1年は365日で有限なものですが、椎名

誠は常人の2倍、いや5倍のほどの濃い密度で1年間がびっしり埋めつく
されており、ただただ唖然とするしかありません。




あるきながらたべながら (1966年)
販売元: 鶴書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あるいは酒でいっぱいの海―筒井康隆初期ショートショート (1977年)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ