戻る

前ページ   次ページ

和書 467278 (195)



とらドラ3! (電撃文庫)
販売元: アスキー・メディアワークス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

とらドラ!確かに面白い


一応ラブコメものらしいがまだラブと感じる部分が少ない気が…割合的に8対2くらいでコメが勝ってる感じかな、で☆3




しかし、最後の大河の爆弾発言には「おぅ」てなっちまったんで☆4






とらドラ2! (電撃文庫)
販売元: アスキー・メディアワークス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

女性作家が女性視点で描いているからでしょうが、美少女たちの内面や行動の表現がある意味「リアル」で男の考える「理想」とは離れていていわゆる萌えキャラとは一線を記すキャラばかり登場します。
男らしくて強い女の子しか出てきません。
守ってあげたいような子はいません。
きゃいーんとか〜にゃんとかいうような萌えっこは出てきません。
男キャラが逆に女っぽくて繊細で、ある意味女性の考えるやさしい理想な男像みたいな感じです。
女性作家が男性向けラノベを書くとこんな感じになるのかなと興味深い。
しかし、どのキャラも本当に魅力的でかわいらしい。
特に竜児がかわいい。




とらドラ!1
販売元: アスキー・メディアワークス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

どこかで見まくった印象、が終始離れなかった。それはジャンプ系などの少年漫画であろう。
具体的にどこが、と言われて答えられるほど印象に残っていないが、それでもこれが今のライトノベルの代表的な作品の一作です、と言われて読んだ身としては脱力する。これでいいのか、と。

それでも名前の忘れたヒロインに対して延々ウザイなこいつ、と思いながらも時々可愛く思ったのも事実であり、
精神的に疲れたときに、何も考えないで適当な気分になりたいときになら、そこそこの
読後感を与えてくれると思う。




とらわれの森で (ショコラノベルス・ハイパー)
販売元: 心交社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






とらいあんぐるハート〈3〉フィアッセ・美由希篇 (ケイエスエスノベルズ)
販売元: ケイエスエス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

小気味良いテンポで物語が進行するのは原作同様。
しかし、作者独特の解釈(例:神速)がなされる等
とらハ3ファンなら読んでいて
その解釈に唸らされ、物語に灼かれ、人物に惹き込まれること
受け合い。
ゲームノベルと侮ることなかれ!




とまらない恋愛時間 (ラピス文庫)
販売元: プランタン出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

はっきり言ってこれ、ラブラブな二人の馬鹿っぷる話しとしか思えない(笑)何が不満なんだ律!最高じゃないか。
独占欲が強い攻めって最高です。しかも、早く大人になろうとがんばる姿勢は素敵だわ。
話し自体がずっと暗い感じで続いてくラブストーリーだから、ちょっと大人なラブストーリーといった感じ。




とまどいのシグナル (角川ルビー文庫)
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 設定が凝っていて、伏線の張り方もうまい。けれど主人公、19歳に感じられない。落ち着きすぎというか……。設定より年上にしか見えないというのは、ボーイズにはままあることだが。
 途中、二人の恋愛を深めていくのに用いるのがドライブデートとか風邪の看病っていうのは安易かなという気がした。

 ただ、まとまりはいい。すごくソフトな内容だから、誰にでも楽しめると思う。




とびっきりのシチュエーション (リーフノベルズ)
販売元: リーフ出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






とびだせ!生徒会探偵団 (講談社X文庫―ティーンズハート)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






とねりこ荘奇譚 (ソノラマ文庫)
販売元: 朝日ソノラマ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

舞台設定が高橋留美子のめぞん一刻みたいな感じと気づいてしまうと途端にさめた感じで読んでしまう。
その舞台設定にあわせた適当なキャラクターで適当な理由で適当に終わらせたという風に。
主人公も美人の管理人さんの名前が「楠瀬杏香さんか…なんだか、下の名前も似ているし」といっている所を読むと、作者は意図的に書いているのもわかる。
舞台を高橋留美子のめぞん一刻風にする理由が無いというか、
なぜわざわざそれを模倣するかがよくわからない。
中途半端な終わらせ方は、これからも続けようという意図が感じられて気持ち悪い。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ