戻る

前ページ   次ページ

和書 492054 (199)



図解 日本版SOX法「徹底解説」―マネジメントのための内部統制報告制度 (B&Tブックス)
販売元: 日刊工業新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

日本版SOX法本の中でも初心者に向いている本だと思います。
タイトルに図解とあるようにところどころにある図表が理解の手助けになります
日本人には馴染みが薄い内部牽制、リスクマネジメントなど法律を理解していなければ
業務を進められない項目についてもある程度の理解を得ることができました。
SOX法関連業務の人にとっては必携の一冊かもしれません




日本版SOX法で会計―内部統制基準完全対応! 財務報告に係る内部統制講座 (B&Tブックス)
販売元: 日刊工業新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






この一冊ですべてがわかるリスクマネジメントシステム 第2版 (B&Tブックス)
販売元: 日刊工業新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






同族会社のための「事業承継」―間違いのない「事業承継」に必須の手立てを分かりやすく解説!! (B&L SERIES)
販売元: 東峰書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






中堅中小企業のための「日本版SOX法」活用術―「実施基準公開草案」を踏まえての実務対応 (B&L SERIES)
販売元: 東峰書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






B to B企業間情報システムの現状と動向
販売元: 白桃書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






B to B ECが会社を変える―サプライチェーンによる変革へのバイブル
販売元: 技術評論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

IT革命という言葉は、もう誰でもご存知ですね。 けれども、自社にシステムだけを導入すればIT革命が出来る訳ではありません。 どうすればできるのか? どう変革していけばいいのか? 社内でパソコンを使用するのは当たり前の事として、EC(電子商取引)をB TO B「企業対企業」で行う、取引方法や仕組みが事例を交えてとってもわかり易く解説されています。

商店も大きな企業もECでの取引が主流になるこれからは、この本を読んでしっかり仕組みを理解しないと、流されるだけになってしまいます。 ITという言葉は、決して流行語ではなく、時代の流れの中での最重要項目だと思います。 その中のECという分野を理解し上手に活用できれば、会社の発展は間違いないかも。

うちの会社もみんなでこの本を読んで自社製品の中にB TO Bの仕組みを取り入れるシステムを構築予定です!




Aランクの仕事術―「時間=コスト」思考を徹底すれば、仕事の能力は驚くほど高まる!
販売元: すばる舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

効率的な仕事術ばやりである。自分にあった仕事のやり方は、人様々であると考えがちであるが、最も効率が良いと思っていた方法も、他人のやり方、特に、出来る人のやり方を見て、「ああ!こんなやり方もあるんだ」と、思い知らされる時がある。こうした、新たな発見を、効率的に行う一番の近道が、本書のような仕事術の本を、自分のこれまでのやり方に囚われることなく、読んでみる事であろう。隅から隅まで全ての項目を取り入れる必要は無い、いくつか、自分で、直ぐに実践できそうな項目を、取り入れただけで、劇的に効率が上がる事だって、あるのだから。




Aクラス人材の育成戦略―教育力競争時代をどう乗り越えるか
販売元: 日本経団連出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

タイトル通りの内容です。企業の中で、人材育成を実務として築き上げてきた経験から書いているだけあって、説得力があります。外資系の人事コンサルが出している美辞麗句の寄せ集め本とは質が違います。日立と言うちょっと地味なイメージ(失礼しました)の企業なだけに、参考になる面があるのではないでしょうか。自分の会社に比較的置き換えて考えやすいです。




AutoCADで作る業務アプリケーション―Excel,Access,Webサーバを連携させて
販売元: ソフトバンククリエイティブ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

全体的にはいい本だと思います。
サンプルプログラムを使って確認できるようになっていますが、
プログラムだけの解説に終わっているように感じます。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ