戻る

前ページ   次ページ

和書 492066 (288)



あたりまえだけどなかなかできない出世のルール (アスカビジネス)
販売元: クロスメディアパブリッシング

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

就職活動中、就活ハウツー本ではなくふとしたきっかけで
この本と出会ったことにより、人生をうまく乗り切るテクニックで
なく、自分の現在や将来に真摯に向き合うことができました。

またこの本のおかげで、学生の身分ながら勇気をだして
様々な一流と呼ばれる社会人の方にお会いし
自分の可能性を広げ自信を得ることができました。

というと筆者の方へのお礼の手紙みたいですが!笑

いい本だと思います、手にとっていただいて感動を共有したいです。







あたりまえだけどなかなかできない接待のルール (アスカビジネス)
販売元: 明日香出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あたりまえだけどなかなかできない説明のルール (アスカビジネス)
販売元: 明日香出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

コミュニケーション技法について、ランダムにあたってみたうちの一冊。

著者はコミュニケーションを専門とするコンサルティング会社の代表で、
売り文句は「自己演出コミュニケーション」だそうだ。

見開き2ページに「説明のルール」を1トピック配し、
全部で101のルールを提示している。たとえば、

■ルール06:聞かれる以上の情報を用意しておこう
■ルール16:短く話すようこころがけよう
■ルール31:先に言い訳するのはやめよう

といった具合である。

内容的には、
1)説明の構成
2)説明の仕方
3)有効な表現形式
4)説明の環境づくり
の4つに大別でき、おおよそこの順番で配置されている。

しかし特段のカテゴライズはされておらず、
101個の経験則がただ羅列されているのみで、
コミュニケーション技法の体系とか理論といった整理はされていない。
が、そのぶん個別の説明は具体的で、
ひとつひとつの指摘には心当たりのあるものが多い。

人と意思を疎通するのは本当に難しい。
理論は理論として置くとして、何かコツのようなもの、
実践的なテクニック、自分なりの必殺技といったものを、
ひとつやふたつは普段から意識的に磨いておいたほうがよい。
本書は、そのひとつふたつの何かしらの気づきを得る、という読み方に適している。

ちなみに筆者がピックアップしたのは、次の2つ。

■ルール1:説明の3大ポイント(何の話か、なぜ今か、どうしてほしいのか)を押えよう
■ルール100:普段からどうでもいい相談をして(親近感を醸成して)おこう

これを必殺技とすべく、意識的に磨いていこうと思う。




あたりまえだけどなかなかわからない社長引退のルール (アスカビジネス)
販売元: 明日香出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あたりまえのアダムス
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

リトマス試験紙的な本かも。

原著は50年以上も前に書かれた本である。なおかつ100ページにも満たない。当たり前のことを当たり前にやることがいかに重要で難しいかが書かれただけの本である。しかし、それだけにストレートにメッセージが伝わってくる。

古い本でありながら、現代のビジネスマンにとっとめ十分に価値があり(わかろうとする人にだけ)、そして、凡人の自分でもビジネスにおいて高い成果を出せるかもしれないと思わせてくれた。ただし、実践するのは並大抵ではないだろう。当たり前に気付くには、徹底的に事実を見ることと、ものすごく頭を使って考えることが必要だからだ。

若手ビジネスマンで、おじさん世代に見せる資料などを書く必要がある人などは必読かも。




あちやんの日記
販売元: 日本図書刊行会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あっ!と驚くしあわせのコツ―漢
販売元: 総合法令出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

長者番付常連の斎藤一人氏の弟子の一人である著者が、自らの半生と現在、商人として生きられている喜びを記した本です。見事なまでに、斎藤一人氏の哲学が乗り移っており、非常に明るくて前向きです。また、女性でないとわからない悩みや葛藤があったことなども記されており、同性から支持を受けそうな本だと思いました。




あっ!不思議な旅の心理テスト―“本当の自分”に出会う旅に出よう (王様文庫)
販売元: 三笠書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

幕張のイオンの本屋さんで何気なく買った本。
ほ〜〜当たってるやん!
ということもあり、
う〜〜んそうかなぁ〜・・・
ということもあり、
時間つぶしにはなかなかおもしろい本でした。






“あっ”という体験が人生を変える―文字の神秘でツキを呼ぶ
販売元: 元就出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あっ、そうか!―結局はせんじつめたらみな自分
販売元: 致知出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ