戻る

前ページ   次ページ

和書 492164 (245)



中島飛行機物語―ある航空技師の記録
販売元: 光人社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ナオっちの夢にっき―宇宙と科学の絵本
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ドラゴンフライ―ミール宇宙ステーション・悪夢の真実〈下〉
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ロシアの宇宙ステーション「ミール」に米国人の宇宙飛行士を送り込むという一見魅力ある事業の内実を白日の下に曝した暴露本です。「もはや英雄でも冒険者でもなくなった宇宙飛行士」達の野心と打算、こじれる人間関係等をあますところなく描いており大変面白いと感じました。実名で登場している人物も多いらしく、よくここまで書けたな、と感心しました。




ドラゴンフライ―ミール宇宙ステーション・悪夢の真実〈上〉
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ロシアの宇宙ステーション「ミール」に米国人の宇宙飛行士を送り込むという一見魅力ある事業の内実を白日の下に曝した暴露本です。「もはや英雄でも冒険者でもなくなった宇宙飛行士」達の野心と打算、こじれる人間関係等をあますところなく描いており大変面白いと感じました。実名で登場している人物も多いらしく、よくここまで書けたな、と感心しました。




ドラえもん 宇宙サイエンス (ビッグ・コロタン)
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 『ドラえもん』が読めて、宇宙に関する知識も増える。そんな嬉しい内容の一冊です。星座、宇宙観の歴史、天体観測の歴史、惑星(太陽系)、月、恒星、銀河系、ブラックホール、宇宙人、ロケット開発史などを解説する際、それぞれのテーマに対応した『ドラえもん』の原作漫画や他の作品からのカットを引用しているのが、本書の大きな特徴です。例えば、星座の話では、「夜空がギンギラギン」、月に関しては、「歩け歩け月までも」の漫画といった具合に、『ドラえもん』が全部で10作品読めることになります。本書を通じて、藤子・F・不二雄先生の宇宙に関する博識や憧れを、あらためて『ドラえもん』を含めた先生の作品から読み取ることができるような気がします。




ドキュメント 超新星爆発―400年目の大事件
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






動物園のへぇー!?
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

オールカラーで掲載されている動物の種類も豊富です。
写真が資料用ではなく、生き生きと魅力的で、3歳の子供がとても気に入っています。
字にはすべてふりがながふられています。
文章も動物の面白い生態で飽きません。
幼稚園から小学校まで、ポケット辞典のように長く使えそうです。




動物の抗生物質
販売元: 養賢堂

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






豚病学―生理・疾病・飼養
販売元: 近代出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






鳥と飛行機どこがちがうか―飛行の科学入門
販売元: 草思社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

昆虫からジェット旅客機まで、空を飛ぶものを色々な角度から解説した本。米国マサチューセッツ工科大学で教鞭を取っていた人が書いた名著の翻訳です。しかし、翻訳のあちこちに難があり、原著の素晴らしさを半減させています。そもそも、タイトルからして原著は"The Simple Science of Flight"となっており「昆虫だって鳥だって飛行機だって、同じ原理に基づいて分析できるんだ。だから航空学科の学生が生物の飛行を学ぶことには意義がある」という意味なのに「どこがちがうか」と訳されてしまっては・・・出版社の意図としては、航空学を専門としていない人に読んでもらおうとしているのでしょうが、本書の真価を理解できるのは、やはり航空系の大学を卒業した人ではないかと思います。簡単な記述に中に込められた深い洞察が光る本です。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ