戻る

前ページ   次ページ

和書 492192 (120)



科学技術の発展と人のこころ (新コロナシリーズ)
販売元: コロナ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の生態学―国際化時代の生産技術の展開と労働
販売元: アグネ承風社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 本書は(財)日本科学技術振興財団が1992年に主催した「科学技術の生態学」ワークショップの成果を骨子としてまとめられた本です。
 最初の総論では、「科学技術の生態学とは何か」について社会科学的な視点から展望する内容となっています。「第I部 科学・技術発展の推移と再検討」は日本を含めて各国の科学技術の発展を歴史的観点から解説するもので、日本の技術発展の歴史を学びたい人とってコンパクトにまとめられ、参考となります。「第II部 ハイテク技術の展開と労働」では生産技術の発展と人間の関係などを1990年代の高度自動化工場の紹介などを通して解説します。第II編は工学系の人にも興味深く読める内容です。「第III部 日米欧:三極の技術生態学」は本書の中核となる部分と考えられ、総論で述べられる「科学技術の生態学」的なアプローチが解説されます。「第IV部 科学技術と社会」は歴史的な観点を含めながら諸外国の科学技術の発展が述べられています。なお、各部に収録の章の中にはまとめた方がよりわかりやすいと考えられるものもあり、もう少し整理が必要だったのではないかと思えます。
 総論でアジアの新拠点としてシンガポールの名前があげられていますが、本書の発行から14年経て、世界の科学技術の中で中国、インドの存在感が大きくなっています。そのことを考えながら、本書に目を通すのも興味深いものです。




科学技術の新世紀
販売元: 丸善

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の社会変容 (シリーズ・社会科学のフロンティア)
販売元: 日科技連出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

科学技術の歴史を技術社会学から述べたもの。昨今、話題の発明や知的財産、科学技術政策であるが、それらを詳しく理解するために必要な歴史的バックグラウンドを与えてくれる。
「科学技術の社会変容」については書かれてあったものの、どうすれば新しい科学技術が誕生するのか?という部分には、突っ込んだ記述が見られなかった。そこが僕の目的からは外れていました。
しかし、ポリエージェントや同時的に発明が生まれるという議論は、たいへん勉強になった。




科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈9〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈8〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈7〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈6〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈14〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






科学技術の最前線―「日本の頭脳」を現場に追う〈13〉
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ