戻る

前ページ   次ページ

和書 492210 (210)



大化け株の買い値・売り値―外国人投資家が新たに仕込む、勝負銘柄300
販売元: ぱる出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






大化け株を狙い撃て―サラリーマン・トレーダーのための“10戦8勝”の法則
販売元: ぱる出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

バブルの時に株で大損したなんてよく聞く話し。信用取引きは怖いもの。
といったイメージもあり、今までは現物取引のみだったが、この本を読み、
売りもできないといけないと思い、信用取り引きの口座開設。
この本、何故か、非常によみやすい、テンポよくあっという間によみおえた。

こういった戦略もあったのか、、なるほど、、株式という戦いにおいて、相手の戦略はしっておく事は大切です。使わないにしても、こうった方法もあるといった事を知っておくうえでこの本を読んでおく事はよいかも?




大化け妙味株で儲けろ!―楽しみながら、ラクに儲かる「賢い株投資」
販売元: 現代書林

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






大化け必勝銘柄ズバリ150 (ラクダブックス)
販売元: 日本文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






太田晴雄の資産運用黄金律―株・為替・金利・金相場の“次”が読める「絶対法則」 (実日ビジネス)
販売元: 実業之日本社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 黄金比を株価分析に応用するということで内容としては面白いのですが、理解しづらいです。

 やたらと数式やピラミッドの話などを掲載してあるのでまとまりに欠けている印象を受けました。最初に読んだときはどうも捉え難く、ハテナでしたが2回読むと理解できました。
 最初に結論を述べていただき、その後に根拠や計算例という構成にしてほしかったです。


 結論は133ページの図と137ページからの「倍返しの法則」です。そこを先に理解してから全体を読むとよく理解できると思います。




大阪人に学ぶ 人生にとってお金とは何か (幻冬舎文庫)
販売元: 幻冬舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






金融工学 (大阪大学新世紀セミナー)
販売元: 大阪大学出版会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 ここ数年金融工学への関心の高まりが様々な啓蒙書の出版、学会誌の発足などから伺える。特にこの本はわずか88頁数に極めてシンプルに金融工学のエッセンスとキーワードを詰め込んでおり、数式の使用も避けていないところからも理解を助け今後の学習に役立ちそうである。
 専門用語には、きちんと脚注が設けられており、数式の使用に関しても、大学の教養課程で統計数学を学んでいれば少なくともまったく理解できないということは無いだろう。特に第4章で紹介されるブラック・ショールズ・マートン理論(離散時間モデル)は参考になった。
 あとは、今後学習を進めるにはどのようなアプローチ方法があるかを簡単にでも紹介してくだされば良かったと思う。
 




大蔵省vs.アメリカ―仕組まれた円ドル戦争 (講談社文庫)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






大きく殖やすマネープラン早わかり―あなたの財産対策、間違っていませんか
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






大金持ちになれる71の習慣術
販売元: 現代書林

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

とにかくひたすらに「金持ちになる」ことを信じ込む!「鰯の頭も信心から」(ちょっと違う?)

成功するための××箇条(?)の習慣、といった類書のパターンを踏襲して「71」なんだと思うんですが具体性がほとんどない(笑)・・・なんか金持ち教・新興系みたいな感じ。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ