戻る

前ページ   次ページ

和書 492216 (350)



生甲斐病棟日本
販売元: 南窓社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






生きがい発見の心理学
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 ロジャーズ(カウンセリングの神様)、
「夜と霧」のフランクルや、「意識のスペクトル」の
ケン・ウィルバーの紹介やご自身の
体験を交えてまとめておられます。
 書店で立ち読みしていて、

 死ぬとは、「時間のない場所」に行く、ということ
253

 の文章を見つけたので買ってしまった本です。
 まだあまり諸富先生の本を読まれていない人には
おすすめです。他の本と内容が重複しているようには
思います。





生き甲斐のゆくえ―「定年から大往生へ」 (かもがわライブラリー)
販売元: かもがわ出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






生きがいのマネジメント―癒しあい、活かしあう生き方へ
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1998年に書かれただけあって、今の飯田氏の様にspiritualな面に関してはものすごい押さえてある。

しかし、新入社員教育にも使える本と書いてある通り、人間の本質から人間関係論、働く意義を書いており、つまらない紋きりの社員教育本よりはるかに面白かった。




生きがいのマネジメント―癒しあい、活かしあう生き方へ (PHP文庫)
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 本書は、案内役である著者に従って行う自分探しの旅を行うものです。著者の案内に、時に共感し、時には疑問を感じ、時には反発しながら、読者であるあなたは、どんどん自分自身の本質を発見していくことでしょう。

 「マネジメント」とあり、また経営学者である著者に、企業・役所・病院などでの経営のヒントになるようなことを期待される向きもあるでしょう。しかし、それだけでなく、個人の人生を生きるヒントもこの本にはあります。

 個人的には、第五章の「人間関係の本質」における愛についての論述が説得的かつ具体的でわかりやすかったです。その他、この本には価値ある人生を生きる、具体的な視点・示唆・方策がたくさん書かれています。人生に行き詰まりを感じておられる方は一読されてみてはいかがでしょうか。




生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか (PHP文庫)
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本書も、相当うさんくさい内容でした。
「私たちはなぜ生きているのか」という副題なのに、
最初から、「前世を記憶する胎児たち」の話から始まる。
そして、生まれるということ、人間関係にまつわる悩み、
死ぬということを巡るたくさんの話、病気やハンディキャップを
巡り、「輪廻転生」という考え方を受け入れれば、生きるのが楽になる式。
最後は、著者の提唱する「生きていく杖」仮説を受け入れていく、
4段階の進化?を整理している。

実は、途中で読むのをやめようと何度か思いました。特に、「それでも
生き抜くために」で、祈りの力が、植物の成長に影響を受けるあたりから、
すでに、オカルト本になっていると確信し、惰性で最後まで。

しかし。「おわりに」で著者が、なぜ、「生きがいシリーズ」を書く
になったか、の理由を開陳したとき、私の目からうろこが落ちました。
脳が受け入れを拒否している、こういうスピリリュアルな世界観、
実際膨大な文章と読者の手紙を本に詰め込んだ、その世界観を、
これでもか、と展開するその理由が、一瞬にわかったような気がします。

ただし、どの著作でも著者が念を押すように、読者は「おわりに」を
先に読んではいけないようです。私のように、「こういう思考」に
まったく不慣れで生きてきて、拒否反応から入る読者は、著者の話を
たくさん聞(読む)いいたあかつきに、「おわりに」を読み、著者の意図を
知って、ある種のカタルシスを味わうというのも、一興かと思います。




生きがいのネットワーク
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

読者からの手紙だけでも、十分に感動的である。

それに、飯田氏の簡単なコメントが付け加えられたのが本書である。

著者と読者の魂の会話を本にしたら、この様な形になったのであろう。

飯田氏の考えに共感を覚える人は、きっと「読んで良かった」、「出会えて良かった」と思える本であろう。




生きがいの探求―ほんとうの自分を知り、活かす喜び
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






生きがいの宝箱―人生に迷うすべての方々へ
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

素敵な写真、珠玉の文章。
パッと、まぶしい光に照らされたかのような心地よさです。




生きがいの創造と人間関係
販売元: 関西大学出版部

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ