戻る

前ページ   次ページ

和書 492250 (92)



歌舞伎のキーワード (岩波新書)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






歌舞伎ことば帖 (岩波新書)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 普段何気なく使っている言葉も、実は、歌舞伎の舞台に由来していると言うことも多いのです。驚きと感動の連続です。
 読み進めていくうちに、歌舞伎についても詳しくなった気分。
 歌舞伎に興味がある人も、ない人も楽しく読むことが出来ます。
 言葉について、この機会に考えてみませんか




仏像の誕生 (岩波新書 黄版 (388))
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






狂言役者―ひねくれ半代記 (岩波新書)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

今でこそ大蔵流千五郎家の若い男の子たちは全員狂言の舞台に立っている。だけどその昔、ほんのちょっと前の話、狂言の家に生まれた子供が狂言だけで食べられなかった時代があって、そんな時代には長男だけが狂言を専業にして、次男などは月給とりをしながら、休日のみ舞台に立ったそうだ。そんな時代に狂言の家に次男として生まれた茂山千之丞氏だから、紆余曲折を経て今日にきている。幼少時代から、学生時代、携わったさまざまな仕事、戦争のことなど、半世紀余の時代をペーソスを交えながら振り返る。そしてまた、伝統芸能のさまざまなタブーを破りつづけてきた異端児としての彼の歴史も。はっきりいって、登場する昔の俳優・演出家の名前は私には不案内なものが多い。だからどんなスーパースターと共演したかなんていうことは、私には本当のところ理解しきれていない。が、今は早、古典となりつつある、「濯ぎ川」・「夕鶴」・「彦一話」などの「新作狂言」(かっこつき)の当時の発生状況を記したり、先代・先々代の千作氏のあれこれなどを記したりした、興味深い好著でもある。最後に、軍隊時代の千之丞氏と四世千作氏(当時七五三)の写真をみて、偏見に満ちた一言。当時の千作さん、今の逸平さんにそっくり!!この写真ひとつとっても、手にとって見る価値ありかも。。。




能の話 (岩波新書 R (23))
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






歌舞伎以前 (岩波新書 青版)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






文楽 (シリーズ 芸能の記録 1952~1954)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






仏陀の生涯 (シリーズ 世界の美術案内)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






仏教美術―印度彫刻 (シリーズ 世界の美術案内)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






能 (シリーズ 芸能の記録 1952~1954)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ