戻る

前ページ   次ページ

和書 492252 (233)



したたかなロシア演劇―タガンカ劇場と現代ロシア演劇 (SEKAISHISO SEMINAR)
販売元: 世界思想社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






しごとが面白くなるシェイクスピア―人間観察力のつけ方 (しごとが面白くなる)
販売元: ダイヤモンド社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






しかた・しんのドラマスクール―楽しい劇づくり入門
販売元: 晩成書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






しおんの町
販売元: 近代文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






しあわせの風景
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 石田ゆり子さんが「ザ・テレビジョン」に連載していたエッセーに加筆して1冊にまとめたのがこの本。芸能人本にはゴーストライターの書いたものが多い中、この本はしっかりゆり子さんが自分で書かれたことが分かる本です。誠実な人柄がうかがえる作品に仕上がっています。

 今、改めて読んでいただくと、宮崎作品の声優の実現など、この本に書かれた時点では実現化されてない夢がその後叶っていたりして、新たな感動・新しい発見がありますので、今読んでもなお「古い」とは思えない本です。
 テレビでは見られない表情のピンアップもあって、それだけでも買う価値ありです。




しあわせな日々・芝居 (ベスト・オブ・ベケット)
販売元: 白水社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






しあわせさがし―You Are Never Lost.
販売元: トラベルジャーナル

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「しあわせ」のかたち
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

読んでいて、最後までもどかしい気分が抜けないままだった。

オレも対人面でいまいち自信がない部分やナーバスになる場面があったりするので、よくわかった部分、ハタと膝を打つ部分もあるにはあったんだが、それ以上に著者の考え方などに、理解できない部分がどうも目立ったのだった。これはオレが、ただ単に読解力に欠けているだけという面もあるかもだが、ともかく、こういった(わかる・わからない)ふたつの要素が次々とランダムに展開されて行くように感じられたため、読後に残ったもやもや感を、何だかいたずらに持て余してしまうような感じが、どうも残ってしまった。
また個人的には、ご主人であった方への、ひとつの区切りとしての『ひとこと』は、やはりこの本の中に書き記しておいた方がよかったのではないかと感じたのだが。

それはそうと、この本といい「『みにくいあひるの子』だった私」や「ひとが否定されないルール」といい、このところの講談社からの一連の本の、おそらくしっかりとしたマーケティング・リサーチに基づき、ある程度ターゲットやコンセプトを絞り込んでの制作、そしてそれらが見事なまでに受け入れられて行く様子には、各書の内容がどうこう以前に、まさにお見事、という感じを受けるのである。




さんまのまんま〈スペシャル 4〉
販売元: CBSソニー出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

テレビで見ていても面白いですが、この本だと何話も収録されていて最初から最後まで笑えました。




さんまのまんま (続々)
販売元: CBS・ソニー出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ