戻る

前ページ   次ページ

和書 492264 (220)



楊梅の熟れる頃 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






見知らぬ我が子 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






菩提樹の蔭 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ここに収められている三篇、『菩提樹の蔭』、『郊外 その二』、『妙子への手紙』は何れも、中勘助の友人の娘である妙子を抜きにしては語れない作品です。
『菩提樹の蔭』は、その中に教訓を控えめに織り込んだ童話です。元来は幼かった妙子のために書かれましたが、それを結婚して母となった妙子のために書き直したものです。若い男が喪われた恋人を像に彫り、神によってその彫像に生命が与えられます。しかし終には、恋人のみならず自らの生命も神によって奪われてしまいます。この物語から様々な教訓を引き出すことが可能でしょうが、それは読者によって様々なものとなるでしょう。
『郊外 その二』は、まだ幼かった頃の妙子が学生へと成長するまでの、勘助との触れ合いを描いた随筆です。妙子と勘助では年齢が離れていましたが、その心の無邪気さと純粋さにおいて共通していたためでしょうか、二人が心の奥深くで分かちがたく結びついていたことが伺えます。
『妙子への手紙』は、成人して妻そして母となった妙子へ宛てた書簡集です。ここでの勘助は、『郊外 その二』の頃のようには妙子を甘やかしてはいません。苦悩を訴えてくる妙子に対して、時には優しく慰め、時には厳しく諌めます。しかし、全ての書簡に妙子への変わることのない愛情が滲み、妙子の勘助への深い信頼が感じられます。
妙子は昭和17年(1942年)、『妙子への手紙』の出版を前に亡くなってしまいます。彼女の死を悼んで作家が巻末に記した言葉には、彼女に対する愛情と、彼女の死が作家に齎した喪失感が溢れており、読む者は深く心を打たれます。

「あなたが生れたことは私に大きな幸福だった あなたとくらしたことは私に大きな幸福だった あなたのこれまでにない静かな最後の顔をみたことは私にせめてもの慰めだった 妙子や 三十五年は長かったね」。




秘められた心中 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






一拍子の太刀 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






秘伝 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






残り香 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






津の国人 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






長距離ランナーの遺書 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






偐紫楼の秋 (TBS文芸図書館)
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ