戻る

前ページ   次ページ

和書 492290 (173)



ウェディング風水―幸せな結婚がしたい!
販売元: 高橋書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

タイトルは「ウェディング風水」ですが、出会いから、恋愛運、結婚運まで全て網羅していて、充実な内容です♪結婚や引越しなどの日取りを決める、日家八門法についても書いてあります!




ウインドウデザイン―窓からはじめるインテリア
販売元: トーソー出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

割と専門用語を容赦無く使ってくるので、
インテリア初心者が読むには判り辛い所が有ります。
ネット環境が有れば検索で補えるレベルだとは思いますが。




ウインドウデザイナーズ―夢をかたちにする魔術師たち
販売元: トーソー出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライフスタイルを窓にするウインドウスタイリングブック
販売元: トーソー出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 自宅のカーテンを変えようと考え始め、これがかなり難しい問題だと気付きました。そこで参考書をとアマゾンで探し巡り会ったのがこの本です。満点の唯一のレビューを何度も熟読し(高価な本ですから)、時間を掛けて購入を決めました。届いた本をワクワクしてページをめくり、進むごとに「ああ、、」と落胆の気持ちがすぐに起きました。一読して私には役に立たない本と分かりました。各種カーテンのスタイルが例と共に紹介されているのですが、どのモデルとなっているお宅も、豪華なお屋敷ばかり。私は見たこともないような豪邸や立派なお宅ばかりで、説明文にも「依頼主の高級家具に合わせたカーテン」などの解説が目立ちます。全く一例も日常性が溢れた我が家に似た家の例はなく、がっかりしました。生活臭のないあのような部屋に住んでいる人ばかりなのでしょうか?私たちの暮らす部屋のようなふつーの部屋にどんなカーテンが似合うかを教えてくれる本ではありませんでした。豪邸に住む人、インテリア・コーディネーターにカーテンをデザインしてもらえる人、インテリアの勉強をしている人などにはよい本かもしれませんが、私のように毎日そこでお味噌汁を啜ったり、コーヒーを飲んで本を読んだり、メールを打ったりする部屋のカーテンを考えるには、落胆させられるだけの本でした。それにしても、イギリスのVictorian Styleの真似をする人が、この時代の日本にいらっしゃるとは驚きでした。ドレープがふりふりするカーテンが趣味の方もいらっしゃるでしょうが、すっきり普通(これが十人十色なのですね)に、しかし少しばかりの個性を活かしたカーテンを紹介してくれる本ではありません。やはりこの種の本は、本屋でまずぱらぱら内容をチェックして購入すべきたど肝に命じました。また、カーテンでも流行がありそうなので、既に6年前の2002年発行のこの本の使用目的は、更に限定的にならざるを得ないのではと感じました。にも拘わらず、高い本なので役に立たないと分かった時の落胆は一入です。




資産価値測定総論3―非公開企業から不動産、金融派生商品まで (ウィザードブックシリーズ 133)
販売元: パンローリング

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ウィーンびいきのウィーン暮らし
販売元: ブロンズ新社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は、ウィーンにバイオリン奏者として長く住む著者が、ウィーンの歴史や伝統を分かりやすく解説している本。ムックものや、ガイドブックなどと違うのは、著者がもつ幅広い友人、知人から得た「ご当地の知恵やら、常識、言い伝え」がふんだんに書き込まれている点です。
また、著者の音楽の都ウィーンに対する知見は奥深く、個人的なつきあいのあるウィーンフィルに関する記載は、音楽ファンでも知らないことが多いです。(ちなみに、本書の推薦者は小沢征二さん、使われている挿絵や写真は、すべて楽友協会から無料で提供してもらったそうです)
著名音楽家で、しかもご主人が資産家(服部セイコー)ということもあり、著者は、現地の上流社会に、日本人ながら本当に溶け込んでいる感じが伝わってきます。内向的といわれるウィーン社会のハイソな人々の暮らしぶりも、本書でさりげなく紹介されていて興味がそそられます。
リピーターの旅行者が多いウィーンですが、この本を読んだら絶対にもっとウィーンのファンになると思いますし、とにかく物知りになれます。




ログハウスがわかる本―楽しくて心地よい木の住まい・ログハウスのすべて (Weekend Living)
販売元: 地球丸

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ログハウスに興味を持った人が、全般を学ぶのによくまとめられている本です。ログハウスの種類・構造・基礎知識・特徴、部屋の種類ごとの紹介や内外装の建材の紹介、施工とメンテナンスのポイント、購入やプランニング・契約のポイントなど。写真が豊富でイメージを掴みやすく、また文章もちゃんと書かれていて、一通りのことをしっかり理解できます。本のサイズが小さいので(写真も小さくなり)インパクトは弱い気がしますが、逆に手軽に読むのにはいいです。本の価格も安いので、ログハウスに興味をもって具体的に考えたい人にはオススメです。




マンガ 不動産投資入門の入門 (ウィザードコミックス)
販売元: パンローリング

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






テレンス・コンランの休日スタイル―easy living
販売元: エクスナレッジ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

はあ・・・とため息のでるショットの連続です。美しい・・・
しかし、生活感が全くないわけではなく、乱雑な中にも住み手のポリシーを感じます。
贅沢な空間の使い方は日本では難しいかもしれませんが、色彩やテクスチャーなど参考になる部分もたくさんあります。

私が特に気に入っているのが、batheとeat どちらも1日に欠かせないことですが、意識の持ちようによって優雅であったり、必要にせまられてのことだったり。ならば、気持ち良くすごしたい。そんなことを大切にしようと改めて思う一冊です。




インド風水ワースツ―真奥の秘術
販売元: 丸田和枝

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ