戻る

前ページ   次ページ

和書 492364 (80)



いいことをした ぞう (はじめてよむ絵本)
販売元: 偕成社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

村上勉さんの絵が大好きで、即購入!!という感じで購入しました。他の動物に意地悪ばかりしていた像が、みんなに「おまじない」・・?をかけられ、鼻が短くなってしまいます。その像がもとの姿に戻るまで、いろいろ努力するのですが、その過程も楽しいですよ。たくさん動物が出てくるので、動物好きのお子様には受けると思いますよ。村上勉さんのどことなく懐かしい感じのする絵も、すごくいいです。同じシリーズの「まいごになったぞう」も購入したのですが、こちらの方が好きなようです。毎日、何回も読まされるのですが、ここまでお気に入りの本が見つかって嬉しいです!!




いいことってどんなこと (こどものとも傑作集)
販売元: 福音館書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

月刊誌こどものとも444号のハード化。
まるで岸田劉生氏の洋画’麗子’嬢を思い出させる、主人公の’わたし’。
つららのしずくの音色への気づきから、豪雪地方の春の訪れを一人称で語ります。

ぴちゃ ぴちゃ ぴてぴて ちろろろろ
ざぷ ざぷ じょじょじょー
しゅん しゅん ろ ろろろ

など途中ではさまれる擬声語が、ワクワク感を盛り上げます。
同じテーマでは「ぽとんぽとんはなんのおと」「はなをくんくん」もどうぞ。




いいこってどんなこ?
販売元: 冨山房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は、子どもたちが祖母から読み聞かせてもらっていた絵本です。
あるとき私が、聞き分けの悪い3歳の次女に対し
「どうしてこんなに悪い子なの?」と怒ったとき、次女は祖母の部屋に行き
「ばあば、いいこってどんなこ よんで」と言ったのです。
以前読んでもらったのを覚えていて、私に「悪い子」と言われたのを気にして
その絵本を読んでほしいとせがんだのでした。

子どもが生まれたときは「元気でさえいてくれれば」と思っていても
だんだんと望むことが増えていきます。最初の気持ちを思い出させて
くれる絵本です。
そして子どもにとっては、ありのままの自分をお母さんは受け入れてくれる
んだよ、ということを感じ、安心感を得られる絵本のようです。
正直、まだ3歳になりたての子が、怒られて「いい子」ってなんだろう?と
その絵本を選ぶとは思わず、ただただびっくりしてしまいました。




いいけしき―まど・みちお少年詩集 (詩の散歩道)
販売元: 理論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いいおへんじをまってます (どうわほのぼのシリーズ)
販売元: 佼成出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






いいおかお―こんにちは (あかちゃんのためのえほん)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

娘が10ヵ月の頃、挨拶を覚えるきっかけにと思い購入しました。

かわいい動物たちが、お互いに向き合って、手はお膝に添えて
丁寧に「こんにちは」とごあいさつしています。
読んでいる私も、無意識に「こんにちは」と言いながら
おじきをしていたようで、娘も「こんにちは」と聞くと
真似をしてペコリとおじぎするようになりました。

最後のページでそれまで登場した動物たちが集合して、
みんなで「こんにちは」をしてくれるのが大好きです。




いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)
販売元: 童心社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

優しい色味の絵が凄く素敵です。
現代的なPOPさはないかもしれませんが、
すべてのページがアート作品のように綺麗で、子供の目にとてもいいと思います。
ページをめくる度、みんなの"いいおかお"が見れて幸せな気持ちになれます。





いい けしき―まど・みちお少年詩集 (フォア文庫)
販売元: 理論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






あーんあん (あーんあんの絵本 1)
販売元: 福音館書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1歳になる頃から寝る前の1冊として読み始め、今では息子の大のお気に入りに。
絵もかわいらしく、文章も短くてわかりやすいのがポイントなのかもしれません。

2歳になった今では文章を覚えてしまい、つたないながらも自分で声を出して読んでいます。
「あらあら、おさかなになっちゃった」のシーンが大好きでそこばかり読んではおさかなを食べるマネをして喜んでいます。

思わずせなけいこさんのシリーズをたくさん買い揃えましたがやっぱりこの本が一番好きなようです。




あ・べ・こ・べ
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 「一枚の紙」から始まって、「その下に一枚の紙」、テーブル、床、部屋、地下室、その下は? なんと「地球」。それから次は地球の反対側まで飛んじゃって、また家の地下室、部屋、床、紙…と続く、なんともシュールな絵本。小学校の読み聞かせで3年生向けに読んでみました。こんなのどうだろう?しらけちゃうかな…とチャレンジでしたが、みんなとても喜んでくれました。「きょだいなきょだいな」とか「ふしぎなナイフ」なんかもそうですが、こういう世界にすっと入って楽しめるのは、子どもの特権ですね。これからも、「こんな世界」を子どもたちと楽しみたいと思います。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ