戻る

前ページ   次ページ

和書 492372 (14)



1日でできる自由研究
販売元: エムピーシー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1日でできる自由研究
販売元: エムピーシー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1日でできる夏休み自由研究
販売元: MPC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1日3分でおえかきじょうずになる本
販売元: 世界文化社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

おえかき本は沢山出版されていてイマイチなものもありますが、その中でもこの本はお勧めです。内容も果物、動物、乗り物、人間etcでお子さんが興味のあるものばかりで数も多いです。イラストも可愛く簡単に描けるものです。かえる1つ描くにしても何パターンかイラストがあるのでいろいろなかえるが描けて発想力も広がると思います。




1日10分で語彙力アップ!英語多読BINGO50 (授業をグーンと楽しくする英語教材シリーズ)
販売元: 明治図書出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1日10分でえがじょうずにかけるほん 小学校低学年対象
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本を子どもに買い与える親は、すぐに我が子に見栄えの良い絵を簡単に描けるようにしたいのでしょう。でも、それは果たして解決になるでしょうか?
丸、三角、四角や曲線を真似して描くことは、文字を覚えるのと同じ作業です。
ですが、絵を描くときに一番大切なことは何でしょうか?
まず、描こうとする対象を、ゆっくり、しっかり、興味を持って「見る」事ではないでしょうか?子どもの絵ですから、写真と同じように同じ大きさ、同じ形に描きなさい、なんてことは誰も求めていませんよね。その子どもにとって興味のある点が強調されて、楽しい、説得力のある絵になる方がずっと素敵。
この本を子どもに与えて、「うちの子は絵が上手になった」と満足するご両親がいらっしゃったら、まず、ご自身も虫や動物の絵を描いてみてはいかがでしょう。この本を教科書にするよりも、庭木にいる虫や、隣の犬をじっくり見て親子で一緒に楽しんで描く方がどんなに魅力的な時間を過ごせることでしょうか。
子どもに絵を描かせようとする時に、決して急がせないこと、上手な絵を求めないこと。
親が一番心に留めておきたいことだと思います。




1日10分でえがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本が子どもの成長によい影響を及ぼすのか、そうでないのか。
明確な回答ができる人は、おそらくいないのではないだろうか。

「絵の描き方を記号のように教え込めば、子どもの想像力の芽を摘んでしまう」
そのように心配する人もいる。
子どもの将来を案ずるのは大人として当然のことだ。
しかし、科学的根拠に欠ける。

ひょっとしたら、手本を真似て描く方法が想像力を育てるかもしれない。
「自由に描きなさい」と放任する方が成長の芽を摘むことになるかもしれない。
明確な科学的根拠がない。
「こんな本はダメだ!」
大人が感情的になって決め付けることでもないと思う。

この本を子どもに買い与えて、親子で楽しくお絵描きをするというのは微笑ましい姿だ。
買い与えて親は無関心、ほったらかし、では冷たすぎる。

「こんな本買わない」でも良いし、「まぁ買ってみようか」でも良いし、
買うか買わないかは自由だ。


〜追記〜
絵が上手に描けない子は、絵を描くことに心が萎縮してしまうもの。
「上手く絵が描けた!」という成功体験を与えることで子どもの能力が引き出せる。
そういう意味では最高にすばらしい本だと思う。




1年生の発明 (小学生の発明工作 アイデアとくふう)
販売元: 小峰書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1年生のじゆうけんきゅう (夏休みおまかせ大事典)
販売元: 学研

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1年生のさんすうのひみつ (学研まんが 算数ひみつシリーズ)
販売元: 学研

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ