戻る

前ページ   次ページ

和書 492378 (313)



おいしそうなバレエ
販売元: 徳間書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

どんなに腹ぺこでも、それを忘れさせるほどのドキドキとさせる芸術の力が、物語の定番ブタ&オオカミで描かれている。

最初は楽しいパロディ、おふざけストーリーかと思ったけれど、素晴らしい芸術やストーリーは、時に人(オオカミ)の運命までも変えてしまう。

わたし自身、なけなしのお金で実用的な物を買わず、あえて映画のチケットや本を買った時に出会った感動を(しかも空腹で!)オオカミさんもまた同じように感じてくれていて、ちょっとうれしかった。

息子がもう少し大きくなったら読んであげたい。
人はパンのみに生きるにあらず、ってね。




おいしいラーメンてんこうせい (絵本・子どものくに)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






おいしいよ
販売元: ブロンズ新社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

娘が1歳になったばかりの頃に購入しました。
ボードブックなので、丈夫にできており
絵本を扱い慣れていない年齢にはぴったり。
出てくるのは、こどもが大好きな食べ物ばかりで
娘はとくに、さくさくビスケット、ポリポリきゅうり、のページが大好きでした。
やまださんのイラストが本当にかわいいです!




おいしいよ (あかちゃんのてえほん―あけてごらん)
販売元: ひかりのくに

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






おいしいもののすきなくまさん (ちいさいモモちゃんえほん)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

娘が本大好きになったきっかけを作ってくれた「ももちゃんシリーズ」の一冊。
大好きなあまり暗唱してしまったくらい。

くまさんの所でおいしいシチューをご馳走になるももちゃん。
シチューが「くったくった」と出来上がっていくところは、子供が大喜び。
この絵本を読むと、夕飯がシチューになる確率が高くなります(笑)




おいしいものつくろう (てをつかう・くふうする)
販売元: 冨山房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






おいしいものたべたら (たんぽぽえほんシリーズ)
販売元: 鈴木出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

あ おいしいもの みーつけた。おいしいキャベツを食べたら、耳がプルルンまわっちゃった うさぎさん。おいしいニンジンを食べたら、歯がガチガチなっちゃった うまさん。… みーんなは、おいしいもの食べたら どうなる?お腹が痛くなっちゃったとか、ムシバになっちゃった…って、ならないように歯ブラシしてね。2006年11月発行





おいしいねクッキー (ぴことぽこのえほん)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






おいしいねおいしいよ (母と子のえほん)
販売元: 童心社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

わかやまけんさんというと『こぐまちゃん』シリーズがあまりに有名ですが、こんな本も出していました。
内容は“ウサギとニンジン”とか“サルとバナナ”みたいな、動物とその好きな食べ物が次々出てくる、ってものですが、なんといっても絵が『こぐまちゃん』とは全然違う。

『こぐまちゃん』がカラートーンを貼ったようなのぺっとした絵なのに対し、こちらは手書きのタッチのある絵です。同じ作者とは全く気がつきませんでした。

『こぐまちゃん』ファンの方もそうでない方もぜひ見てみて下さいね。




おいしいね! (ベビーエイジ赤ちゃん絵本)
販売元: 婦人生活社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ