戻る

前ページ   次ページ

和書 492412 (185)



たけくらべ・にごりえ (角川文庫)
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は、文語的仮名遣いなので、文語の知識が浅い方にはお勧め出来ません。
私もその一人なので、買ったときはかなり後悔しました。

でも、樋口一葉さんの美しい仮名遣いをそのまま読めるというのがこの本のメリットなので星一つを二にしてあげたのですが、たとえ樋口一葉さんの文章が読めるからといって理解するまでが難しいことでしょう。

とにかく、私の言いたいことは、文語についての知識が浅い方にはこの本はお勧め出来ないということです。




たけくらべ―雑誌掲載テキスト
販売元: 勉誠社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






たけくらべ,随筆 (ちくまカセットコレクション 樋口一葉集 1)
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






たけくらべ (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)


三篇収録されているが、『たけくらべ』だけ感想を書く。
子どもが終わるときと大人になるとき、人は二度悲しみを味わう。だから子供が終わったときが大人になるときではない。そこには懸隔があるといっていい、あるいは境が重なり合っていると言ってもいい。そのはざ間を、その瞬間を樋口一葉はこの『たけくらべ』で見事に描いた、抉り出したのだ。あえて振りかえってみもしなければそれと判らないはざ間を一葉は凝視した。その瞬間を永遠のもにしたといっていい。
 あの、雨の中下駄の鼻緒が切れて途方に暮れている寺の息子の信如と、その困っている信如を慮って紅入りの友仙(禅)の切れ端を投げてやる遊郭の娘、美登利の間の息を呑むシーンはすばらしい。大人の世界に踏み出せず、かといって子どもの無邪気さという地にも踏み留まれない二人の心中の、だれしも覚えのあるあの胸をかきむしられるようなもどかしさに、読み手の心は揺さぶられずはにいられない。
 大人になりきれず、だからといって子どもでいつづけることも許されない宙吊りにされた残酷なはざ間の一瞬がある。「なぜ大人にならなければいけないの?」「なぜ子どもでいてはいけないの?」その切実さが胸を打つ。大人のように無骨に歩み寄れない羞恥、けれども何とかしてあげたい、それに応えたい二人の思いは子どもの拙い幼な心を越え出ている。そうしたいたたまれない心の揺らぎをあの雨の中で共有する。友禅の切れ端が雨の道に残されたまま、そのすれ違いは大人になる踏み出しでもあったのだ。
 信如は一年早く寺の修行に家を出て大人になるため街を出る。美登利は大人を拒否しながら大人を受け容れる。男は大人になることが目的になり、女は結果として大人になるのだ。
 信如が修行にでる前に水仙の花を門にさして美登利の慮りに応えるラストシーンもあの雨中のシーンに呼応するかのように、二人が大人になった瞬間のなかに、もう二度と会うこともない悲しみと憂いと懐かしさという永遠を一葉は完璧に封じ込めたのだ。古典がなぜ読み継がれるか、その秘密がここにある。





たけくらべ (河出文庫 現代語訳・樋口一葉【全5巻】)
販売元: 河出書房新社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「たけくらべ」「やみ夜」「十三夜」「わかれ道」「うもれ木」の現代語訳版が収められています。「樋口一葉の作品は読みづらい」「途中で投げ出してしまった」などという人も多かったので、現代語で出されたのは良いことだと思う。「たけくらべ」のみ文体は全く変えずに現代語訳してあるので(訳者の作品に対する思い入れが強いためらしいが)、そこは賛否両論あるかもしれない。樋口一葉を読みたいと思っている人はまずこの現代語訳版を読んでから原文に当たることをお薦めしたい。日本を代表する作家です。




たくましく育ってほしい (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 1997年に中央公論社から出た写真集『親子。』の解題・文庫化。内容にもかなり手が入れられているらしい。
 動物の赤ちゃん(+母親)の写真集。シロクマ、コウテイペンギン、タテゴトアザラシ、アカカンガルー、カバ、キリンなど27種類が取り上げられている。
 動物を可愛らしく撮ることに長けた岩合氏の、持ち味が最大限まで発揮された傑作。赤ちゃんの可愛さにノックアウトされてしまう。特に気に入ったのは、コウテイペンギン。後ろ姿の間抜けさが良い。
 キャプションも絶妙に上手い。




たくさんのタブー (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1話1話の短編集だから、ちょっとした時間にすぐに読めちゃうのがいい!!
しかも話がとっても面白くて、読んでるととってもワクワクする。
早く結末を知りたいっていう人には本当にピッタリな話ばかりです。
思いもよらないラストだったりして、どの話も全く飽きずに読むことができる。
マンネリ化していないのも高ポイントです。
ちょっぴり恐くて大いに楽しい、この感じをぜひ味わってみてください。




たくさんのタブー (3) (大活字文庫 (84))
販売元: 大活字

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






たくさんのタブー (2) (大活字文庫 (84))
販売元: 大活字

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






たくさんのタブー (1) (大活字文庫 (84))
販売元: 大活字

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ