戻る

前ページ   次ページ

和書 500128 (172)



行政法 (地方上級・国家2種レベル対応 公務員試験対策最新版パスラインシリーズ)
販売元: 時事通信出版局

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






行政法 (公務員試験対策1冊で合格シリーズ)
販売元: 弘文堂

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

通称シケタイジュニア。名前の由来は、司法試験の参考書である「伊藤真試験対策講座(シケタイ)」からきたものと思われる。本書は「伊藤真試験対策講座」を公務員試験向けに編集し直したものであり、その圧倒的なボリュームに驚かされる。伊藤塾いわく「テキスト、問題集、記述対策すべて一冊に凝縮したオールインワンタイプのテキスト」と銘打っているが、実際はテキストが大部分を占め、各章の終わりに申し訳程度の一問一答のコーナーと過去問が数問載っており、ややバランスが悪い。欲を言えば、もっとテキスト部分を公務員試験向けにシェイプアップするとともに、過去問を増やして欲しいところではある。しかしながら、国1向けの市販されている参考書は、「国 I バイブルシリーズ」と「一冊で合格シリーズ」の2冊しかなく、「国 I バイブルシリーズ」は要点整理型の参考書でなので、独学に不向きである。一方、「一冊で合格シリーズ」は理解重視型の参考書(文章は講義風に書かれており読みやすいと評判)なので、独学で国1を目指すのに適当な書籍は本書しかないというのが現状である。




公務員試験対策1冊で合格シリーズ〈4〉行政法 (公務員試験対策1冊で合格シリーズ (4))
販売元: 弘文堂

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

行政法の各分野についての解説がはじめにあり、重要判例も多数掲載されています。
各章の理解度を確認するための一問一答問題で重要事項を復習でき、そのあとに実戦問題として過去問を解くことにより、知識を定着することができると思います。
これ一冊で公務員試験における行政法は大方網羅できるのではないかと。
ただ、行政法と憲法や刑法のからみなどもあるので、これから勉強を始めようとするまったくの法律初心者の方や、法学部以外の他学科出身の方などは、
憲法や民法、刑法の基本だけでも理解しておくと、さらに本書の理解が深まるのではないかと思います(というのも、わたしがそうだったので)。
そういう意味で★はひとつ減らさせてもらいましたが、本書は図入りでわかりやすく解説されている良書だと思います。








出る順行政書士 コレで合格!―必須24分野集中特訓 (行政書士試験シリーズ)
販売元: 東京リーガルマインド

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

はじめて勉強する方にとっては入門書として、
また試験にあわせて準備が出来ている方には短期に見直せる
まとめノートとして活用できるだろう・・・
掘り下げて理解しようとするには専任講師の
学習アドバイスが薄い気がしないでもないが
常識、法令をこの一冊で試験直前の
短期集中合格まとめレジュメとしては利用するなら
最適の良書だといえる・・・




諸法令6科目 (行政書士・合格シリーズ)
販売元: 早稲田経営出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






行政系科目これ1冊で超OK! (公務員試験「最短最速」合格シリーズ)
販売元: 日本実業出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

箇条書きにまとめてあるのはそれだけ筆者に力がないためだと思われる。本当に力がある人が書いた本は、一つのストーリーを読むような内容になっている。
それでも箇条書き風の参考書は直前期の見直しによいと思うが。




行政学のまるごと講義生中継 (TAC on LIVE 公務員試験速攻ゼミシリーズ)
販売元: TAC出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本書はもともと筆者が実施した2002年度合格目標講座の授業を書籍化したものである。旧版の”はじめに”にあるように同シリーズ政治学の反省(全部の授業ではなく一部しか書籍にしなかった点)を生かし、一部分ではなく全講義を載せている。この点では、進歩があり、試験対策本としての価値も最低ラインはクリアしたといえよう。ただ、公務員試験は年々変化しており、新しい論点がどんどん出題されるようになった。

初学者を前提に”授業”は進むので、行政学というものについてまったく知らなくても、まずは本文を読むことで大筋をつかみ、ボード=板書をうまく使えば自分でノートを作成する必要もなく、試験対策としては今でも特別区、都庁Ⅱ類等の基本問題には十二分に対処できるだろう。いわゆる対策本の中では、項目の羅列+短い説明ではなく、ボードの中の頻出論点を中心に説明されているので、本書の目的であろう「行政学を得点源にする講義」を受けていると感じるような臨場感を醸し出そうとしている点については、プラスの評価をあげることができる。
国家Ⅱ種や県庁等に採用希望の場合は、西尾勝(敬称略・以下同)や村松岐夫らの「基本書」を、本書を読んだ後に精読することを勧める。その上で、自分にあった問題集をきちんとやりこむことで、行政学は本当に得点源になるであろう。




コンパクト版 公務員Vテキスト〈12〉行政学 (コンパクト版公務員Vテキスト (12))
販売元: TAC出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






行政学〈2008年度版〉 (公務員Vテキスト)
販売元: TAC出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

前書きにも書いてあるように出そうなところが効率よくまとまっていて良いと思います。
また、重要単語は赤で書かれているので、飛ばし読みもしやすいです。
ただ、図がほとんどなく、同じようなレイアウトで最初から最後まで書かれているので
ある意味見にくいです。




行政学〈2007年度版〉 (公務員Vテキストシリーズ)
販売元: TAC出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ