戻る

前ページ   次ページ

和書 500618 (14)



ALL HAPPEN IS GOOD! (小学館文庫)
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

書店の和み・癒しのコーナーにいくらでも置かれてありそうな内容の本。SHIHOさんのネームバリューだなって感じです。SHIHOさんファンなので、手を出してしまいましたが、5分もあれば眺めて読めてしまうし、SHIHOさん自身の写真は皆無に等しいので…う〜ん、納得がいかない本でした。




ALIVE
販売元: T_BOOKS

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ALASKA―心を繋ぐ永遠の旅 (新風舎文庫―POST CARD BOOK)
販売元: 新風舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ALASKA―Seventh Heaven
販売元: 青幻舎

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

アラスカにいたことがある。その空気の色は限りなく透明に近い白で、突き刺すような朝日とその中にある白い息は私にとってのアラスカの色だ。自分がアラスカにいたから、数人の写真家をのぞいて、悔しいからアラスカの写真集は手に取らない。でも、どうしても手に入れたい空気の色がこの写真集にはあった。この写真集は、いわゆるアラスカの雄大な自然写真がメインではなく、オーロラがメインでもなく、まぎれもなく空気を閉じ込めたものだ、と私は思う。アラスカの温度と色を、一番感じた朝の空気の。




Alaska 風のような物語
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

私が始めて手に取った作品は、「旅をする木」(星野道夫・著)でした。
最初の3ページを読み終わらないうちに、彼の虜になってしまいました。
ここにレビューを書いている皆さんと同じように、私達の原点を教えて
くれる人です。
人は、自然の一部にすぎない。それが当たり前なんだ。と教えてくれます。

星野さんがアラスカから学んだ事を、文や写真が物語ってくれます。
どうか、ご覧になってください。
そして、彼の見たアラスカを体験して、自分の心の肥しにしてください。
人には何が必要か、何が当たり前なのか、教えてくれるはずです。




AKIRA―木内あきらオール水着写真集
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






AKIKO―雛形あきこオール水着写真集
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






AKI MIZUSAWA―PHOTOGRAPHY KISHIN SHINOYAMA 1975‐1995
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

彼女の21歳から41歳までの写真が収められている。私にとっては、どっ
ちかってーと30過ぎてからの写真のほうが好き。
 1975:やはり幼いなぁ
 1979:乳首、ヘアーあり
 1980:ヘアチェンジ。髪の毛がみじかくなった
 1986:大人のおんなやな~。ここらへんがこの写真集のメインです。
    確か、自分が記憶に残ってるのもこのころかと。
そして1995年に撮影した写真が最初と最後にあり、はっきりとコントラ
ストを形成している。全てモノクロで、最初の方は美しい彼女を、最後
のはリアルな彼女を写している。




AKB48 Jump&Cry―篠山紀信写真集
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






AIRCRAFT NUDE
販売元: 創英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ