戻る

前ページ   次ページ

和書 500824 (19)



HMOに娘は殺された―米国最大の健康保険維持機構
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






HL7 医療情報標準化規格―その概略
販売元: インナービジョン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






HL7 Version3入門―電子カルテに向けた医療情報標準化規格の理解のために (医療情報標準化規格シリーズ)
販売元: インナービジョン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

Ver.2の説明書である「HL7 医療情報標準化規格―その概略」を読んでからで無いと理解できない内容かと思います。





HIVと血液供給―危機における意思決定の分析
販売元: 日本評論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「HIV」と暮らす―感染者ワライの幸せの秘密 (集英社新書)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

日本もタイもお米の国。

二世代前のほとんどがお百姓さんなのも同じ。

だが、本書によれば、

「食べていくだけなら田植えに15日刈り入れに15日。
 年間1ヶ月農作業するだけでいい」

と言うのがタイ式米作りの思想だそうだ。

米作りに八十八の手間隙をかけ、

その過程ですら惜しみなく勤勉さを注ぐのが日本人。

同じ百姓出身とはいえ、
これではいろいろな面で考え方のミゾは埋まるはずがない。

日本人が勤勉で神経質であるように、
農村のタイ人ものんびりと寛容にならざるを得ない。
埋められないミゾは、折り合いをつけるに限る。

タイ北部チェンライ県の田舎の
HIV患者の普通の生活が描かれている本書。

死そのものが日常となっているタイ北部社会では、
その手前側に延長された線上にあるエイズもまた、
特異な恐怖の存在から日常の風景となりつつある。

その日常の風景からはエイズの悲劇と言うよりも、
無常に生きるタイ北部の人のメンタリティーが感じられる。


HIV感染者も非感染者もいずれ死ぬ。

エイズであろうとなかろうと

人は死ぬそのときまで、
何とか生きなければならない。

死がいつになるのかだれもわからないのも実は同じ。

命を奪う原因が明示されているかどうかの違いだけである。

人は、ただその運命に折り合いをつけて、
今を生きることしかできない。

だから、

本書の主人公ワライさんのように
うまく運命と折り合いをつけていきたい。

と、そう思う。 

ことに、異文化の中で生きる自分としては切実に・・・・・・




HIV Q&A
販売元: 医薬ジャーナル社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






HIV Q&A
販売元: 医薬ジャーナル社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






History of Japanese Medicine in the Edo Era―Its social and cultural backgrounds
販売元: 名古屋大学出版会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






有名人お気に入りのお医者さん55―腰痛・肩こり・歯痛がみるみる消えた (HEALTHY BOOK)
販売元: 日本テレビ放送網

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






呼吸器感染症とその対策
販売元: 全日本病院出版会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ