戻る

前ページ   次ページ

和書 502840 (190)



鏡文字をえんぴつで書いて脳を鍛える ダ・ヴィンチ脳
販売元: アスキー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

初っぱなに「バカはなおせる」の脳科学者・久保田競先生の解説。
なんでも、鏡文字を書くと、脳内のミラーニューロンという場所が
刺激され社会性が鍛えられるとか。
私なぞ、人付き合いが苦手なので、これはいい情報だが、
それよりも、人前でメモっているとき、鏡文字で書けると
かっこいいと思います。それに他人から読みにくいし。
これで、ダ・ヴィンチになれるわけではないが、
ダ・ヴィンチ風にはなりたいですね。

本の中身は練習テキストブックです。
宮澤賢治の文章で練習できます。





ダ・ヴィンチになる!―創造的能力を開発する7つの法則
販売元: 阪急コミュニケーションズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

本書は10年前の出版ですがこれがなかなかおもしろい、
天才的な画家レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密に迫る一冊です。
彼はどのようにかんがえどのように物事を見つめていたかが垣間見えます。
7つの法則と題し順に解説されていきます、そのなかでいかにじぶんが特定の偏った見方や感じ方しかしていなかったか気づき大きな発見をしました。
100の疑問をリストアップをいう項目があってそこも面白かった、基本はノートをベースにされるようで現在の手帳管理術に通じるものがあります。
マインドマップという放射線に展開していくノート術があるのですがそれに関する記述がありおどろきました。原典にダ・ヴィンチも絡んでいたことは知っていましたがこういう形で再見するとは・・。出版が1998年なので当時としては結構斬新なアイデアを盛り込んでいたことになり、なかなか光る一冊です。




頼りになるのは自分だけ―「勝ちぐせ」をつける55のルール
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






山口令子の自己変革ワークショップ!!―自己革命のシステムがここにある! (たまの新書)
販売元: たま出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






他人に好かれる自己表現のコツ―これで仕事と人間関係がうまくいく!
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

私たち日本人は

仲間はずれを恐れ、村八分を恐れ、孤独を特に恐れる
そのため、無難な態度をとり、とりあえずみんなにあわせる
という習慣が見に染み付いている。

でも、かなりの人が、それが上手く出来ず悩んでいる。

この本は他人に好かれる自己表現とあるが
決してみんなと付和雷同せよ!といってる本ではありません。

何か俺って私って浮いているな!と思っている方
この本を読んで見てください。勇気が湧きますよ!

本当に!!




他人に左右されない「判断力」をつける本―問題解決できる人の心理法則
販売元: 大和書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






他人から評価される人、されない人―自分の値段を高める思考術
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は講演を元にして書かれていますが、もういいたい放題、悪口言い放題です。ま、それを自分のキャラとして通しているので言う内容ほど嫌な感じは受けません。他人から評価されるにはまず自分を客観的に評価して、それから自分の値段を高める努力をしなければならないという話で、自分の周囲の人や知り合いをほめたりけなしたりしながら具体的に説明しています。




大創運―爆発的に運がひらける (たちばなベスト・セレクション)
販売元: たちばな出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






大想念―弥生時代の人も恋に憧れた (Tachibana books―タチバナでかもじ新書)
販売元: たちばな出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






繁栄の大秘密 (TACHIBANA BOOKS)
販売元: 橘出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ