戻る

前ページ   次ページ

和書 503566 (392)



イッカククジラがきた浜辺 (心の児童文学館シリーズ)
販売元: ぬぷん児童図書出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






一緒にいようよ!―ステファニーとふたりの親友
販売元: バベルプレス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

いじめ、いじめ、いじめ…毎日このことばを見ない日はありません。文科省があわてて審議会を開いてもどうも方向が間違っているとしか思えません。堀田力さんがおっしゃっていたようにもっと自由で自然であってほしいものです。子どもにとって大切なのは友達。友達との付き合い方を知らない子どもとその親、そして子供同士が友達になることを進めようとしない先生…そんな時代だから子ども同士の何の変哲も無いこの物語が今読んでほしい本となります。とくに子どもたちが読む苦労をしない軽快なタッチとレイアウトがよいとおもいます。
今、小学校高学年の「朝読」に読んでもらいたい本の一つといってよいでしょう。半世紀前の自分たちの子ども時代が必ずしも一番よいとは思っていません。でも親友がいました。みんなでわいわい遊ぶことがでました。弱い子を助ける子ともできました。

子どもたちに押し付けでない「よい本」をこれからも見つけていきたいと思います。




ガンバレ、尚美ちゃん (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ケロンパ先生大すき (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






友子のちいさな旅 (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






走れ!大ちゃん (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






二倍でファイト! (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ヒコの見た青い空 (いっしょうけんめい物語)
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






一寸法師-二カ国語絵本
販売元: ラボ教育センター

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






名探偵ポワロ いったい誰が犯人だ?!―アクロイド殺人事件 (ポプラ社文庫―怪奇・推理シリーズ)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

発表当時、メイントリックがフェアかアンフェアかを巡って物議を醸し、問題作扱いされた本作。
しかし、トリック自体には、すでに前例があり、趣向そのものが問題というわけではありません。


本作がミステリとして成立しているか否かは、以下の二点から考えることができます。

ひとつは、読者に事件を推理するための手がかりが十全に与えられているかどうか、ということ。
もうひとつは、犯人の行動が、その時その時の彼(彼女)の心理状態と矛盾しない、ということです。

つまり、前者が〈犯人当てミステリ〉として求められる論理的整合性の観点、
後者が犯人が当然持つべき心理的一貫性・必然性の観点、ということになります。


個人的に本作は、前者に気を配るあまり、後者がおろそか
となり、不自然さを露呈してしまった、という印象です。

ただ、現代に至るまで、本作を雛形として改善が試みられた、
同趣向の作品が数多く生み出されている、という現実があります。

ゆえに、いくら瑕瑾があったとしても、本作の歴史的価値が揺らぐことは決してないのです。



◆本作のバリエーション作品

  ・『第二の銃声』(アントニイ・バークリー)
 
  ・『夜歩く』(横溝正史)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ