戻る

前ページ   次ページ

和書 507214 (47)



狙われたオリンピック (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






敵対的買収 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ライブドアのニッポン放送株取得騒動で、この本を思い出しました。
今読むと、面白さがヴィヴィッドに感じられるかもしれません。




世界を駆ける男〈下〉 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






世界を駆ける男〈上〉 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






小説 警視庁 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






社労士一平物語
販売元: 風媒社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この手の作品で、作品自体の面白さを期待するのは間違いだが、学習的な
意味でも社労士試験のプラスになるような点は一切なかった。
そして読み物としても文章は下手だし、キャラの心情も飛び飛びで感情
移入は不可能。同じような女子大生会計士シリーズや数ある法律系の
読み物とは比べるレベルに届いていない。
社労士のこの手のジャンルは珍しいので期待しただけに残念。





社命 (日文文庫)
販売元: 日本文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






社内犯罪講座 (新潮文庫)
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

著者は日立製作所という保守的な大企業に長年勤めただけあって、日本のカイシャ特有の習慣を滑稽なまでに書ききっています。サラリーマンなら身につまされる話ばかりで、どこか笑えないところはありますが、この本に出てくる話を不自然と思わないようであれば、立派な社畜なのでしょう。




社長秘書 (双葉文庫)
販売元: 双葉社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






社長ゲーム
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

会社経営をゲームのように展開していく流れがおもしろかった。その結果、義父とは対立してしまうのだが、冷静な人間がゲームにも勝ち、仕事にも成功するというのは分かる気がする。また、ゲームを楽しむためにやる人と勝つためにやる人とでは楽しませ方が異なるというのももっともだと思った。最後に会社が不渡りを出したとき結構すんなりと解決してしまったのがちょっと物足りなかった。せっかくなら、アメリカで学んだ英行なりの理論を実践してみせてほしかった。



前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ