戻る

前ページ   次ページ

和書 507300 (309)



マウス・オブ・マッドネス (学研ホラーノベルズ―MOVIE MONSTERセレクション)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 いまや多くの怪奇・幻想文学アンソロジーの編者、仕掛け人として大活躍の東雅夫氏が学研に庇を借りて送り出していたホラーシリーズの一冊。
 ご存知ジョン・カーペンターの映画を朝松健がいろんな仕掛けを込めてノヴェライズした作品。権利関係もあり、おそらく再刊の機会はないだろう。古本で手に入れるべし。




ドリームチャイルド (学研ホラーノベルズ)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ルチフェロ―切り裂きジャックの告白 (学研ホラーノベルズ―サイコキラー・セレクション)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






人面領域 (学研ホラーノベルズ―サイコキラー・セレクション)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






マーティ (学研ホラーノベルズ)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

カンレンダーに付属する物語として書かれたのが本作。
原題は「The cycle of the werewolf」、人狼の周期というところでしょうか。
JanからDecまでの12ヶ月がそれぞれ章になっている。
少年少女の為にかかれたので中短編でありイラストも豊富なのがキングらしくないところか。
しかし1つ2つと事件を通して引き込まれてしまうのはやはりキングワールド。面白い本です。

星が4つの理由は巻末にある訳者後書きが長すぎるから。
風間賢二は何を考えてたいしておもしろくない文を長々と載せたのだろう。
キングの秀作の後味を悪くするだけなのに。
残念です。これがなければ星5つでした。




村山槐多耽美怪奇全集―伝奇ノ匣〈4〉 (学研M文庫)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

村山槐多の筆業を集大成した、この伝奇ノ匣は頁数が少ない割に槐多の世界を余すところ無く表している。

「殺人行者」はラヴクラフトの「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」に通じるものがある。恐さでいえばラヴクラフトには及ばないが、日本風でいて、実に良い。

槐多の作品には未完のものが多くあるが、「酒顚童子」は幾分他の未完のものより中途半端な感が強く残念だ。前半は童子の妖艶な美と僧達が惑わされていく様が美しく描かれている。

槐多の作品の殆どは、画家であるためか、美麗な色彩で埋め尽くされている。特に、詩にはより顕著に表れているだろう。一部を引用すると、

 黒き瑠璃の山脈、赤き血の滴

 げせぬ鋭き天のときの声
 これらみな紫の異常になげく
 夏の午後の一とき          (童児群浴)

いやはや、実に綺麗である。




野盗狩り―篁・変成秘抄〈2〉 (学研M文庫)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






幻術師(まほろし)狩り―篁・変成秘抄〈3〉 (学研M文庫)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






風流狩り―篁・変成秘抄〈4〉 (学研M文庫)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






黎明の艦隊〈6〉ハワイ諸島大包囲網戦 (学研M文庫)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ