戻る

前ページ   次ページ

和書 508060 (73)



知りたいときの新冠婚葬祭事典
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






新カタカナ語便利辞典
販売元: 有紀書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






新・化学用語小辞典 (ブルーバックス)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






燃えるシシリア (シルエット・ディザイア)
販売元: ハーレクイン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






約束のクリスマス (シルエット・スペシャル・エディション)
販売元: ハーレクイン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






春を待つ思い (シルエット・スペシャル・エディション)
販売元: ハーレクイン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






英語辞書の使い方選び方 (実日新書)
販売元: 実業之日本社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

第1部 英語辞書の使い方選び方
第1章 辞書の基本
第2章 単語と意味
第3章 発音、用例など
第4章 辞書の選び方のポイント
第2部 英語辞書カタログ
英和辞典
和英辞典
英英辞典
類義語辞典
語法辞典

1928年生まれ。東外大英米語学科(卒),テキサス州立大留学。早大(教育)勤務(たぶん現在は退官)。NHK『基礎英語』講師(77〜83年,現『基礎英語1』)。英語学,言語学。故『ユニオン英和辞典』(現『ライトハウス』,研究社)など辞書や辞書研究書など著作は多い。06年で御歳72歳。中学1年のとき,レジナルド・スミスさんとかと『基礎英語』をやっていたのを聴いていた。『ユニオン』も愛用していた(お守りとして大学入試会場に持参したくらい)。

本書題名『使い方選び方』というタイトルは,素人は勘違いしやすいだろうが,要するに本書は辞書の基本属性の列挙をしたもの。辞書自体の解説もついている。ご存知の通り,辞書というものはどれも一長一短で,唯一これだけで済ませられる!などというものはない。見出し語数で日本最大を誇る(誇っていた?)松田の『リーダーズ』を持っていることを鼻にかけているようなら,そいつはバカだ。辞書には発展段階があり,初級(故『ユニオン』),中級(『プログレッシブ』(小学館)など),上級(『リーダーズ』や『新クラウン英語熟語辞典』(三省堂)など)と専門(たとえば私の場合なら経済用語辞典など)と,まぁ私のような素人にでも三段階から四段階はあることは断言できる。最初っから中辞典を使うのは無謀に近い。辞書嫌いを増やすだけかもしれない。

辞書は読むものだ。訳語だけを見て辞書を閉じるようでは,手間隙をかける甲斐がないというものだ。この点,電子辞書は英語を本気で_習得_するつもりの学び手には不向きだ。中学生や英語の不得意な高校生は買うべきではない。本書には出版時の時代背景が制限となって電子辞書への言及が皆無だが,たぶん著者も同意するだろう。

本書は(自称も含めて)辞書マニアにお奨めする。(838字)




食事療法事典 第6版
販売元: 同文書院

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






昭和古語辞典
販売元: 京都新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






昭文実用英語辞典
販売元: 昭文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ