戻る

前ページ   次ページ

和書 508076 (81)



めだかの列島 (ポプラ社文庫 (A167))
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






めざせ、世界のフィールドを―国際公務員の仕事 (岩波ジュニア新書)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






めぐりくる夏―フランバーズ屋敷の人びと 3
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

少し,趣は違いますが,まるで「嵐が丘」を読んでいるようなダイナミックなストーリーで,次にどうなるのだろうとわくわくしてしまうような筋立てです。児童文学ですが,子供に読ませておくにはもったいない!!大人の女性に読んでもらいたい,女性の大河ドラマです。

この,めぐり来る夏は,そのドラマの締めくくりの物語です。波乱万丈の登場人物たちの人生に一応の結論が出る時,最後の一ページまでそれはドラマチックに進んでいきます。読み終えたとき,きっと,一つの壮大な映画を見終わったような気持ちになる事請け合いです。




めいろ大全集 (サンリオ百科シリーズ)
販売元: サンリオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






むし・ムシ・虫大ギモン事典 (わくわくポケット)
販売元: くもん出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






むし―ちいさなずかんポッケ (いつでもどこでもちいさなずかんポッケ)
販売元: 学習研究社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






むかしむかしあるところに
販売元: 童話屋

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

子供向けにうすっぺらい中身の昔話を寄せ集めてある本も、多いこのごろ、ここに出てくるむかし話は、かちかち山のたぬきなら、あくまでもにくたらしく、竜宮から帰った浦島太郎なら、そのむなしさがつたわってくるように、、と、子供だからと適当にあしらうことなく、昔話の本当に楽しさが伝わってくる話ばかり。

絵がついていないのも、却って子供の想像をかきたてるようです
うちの子供には、4歳くらいからよんで聞かせましたが、小学校に上がっても(大人の方でも)充分読むに耐える文章だと思います。美しいしっとりとした日本語に触れさせたい、そう思う方には、お勧めします




みんな大好きどらねこ倶楽部 (ポプラ社文庫―フレッシュ学園文庫)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






みんな大好き!!心理ゲーム (ヤングセレクション)
販売元: 実業之日本社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






みんな地球に生きるひと〈Part2〉 (岩波ジュニア新書)
販売元: 岩波書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

アグネス・チャンの作品第2弾です。

前回に引き続き、ボランティア活動などに行って見聞きしたことをありのまま
伝えています。
だから非常に心に訴えかけてくるものがあり、分かりやすいです。
今回は阪神淡路大震災で被災した子どもを中心にした交流などもあります。

読みやすいですが少し物足りないと感じるのは僕だけでしょうか。



前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ