戻る

前ページ   次ページ

和書 508076 (199)



吉四六さんと庄屋さん (てのり文庫 (337A001))
販売元: 国土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ミニ四駆完全カタログ〈96年版〉 (キッズ・ポケット・ブックス)
販売元: 小学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ミニ四駆といえど侮れないマシンだと思ってしまう本である。あの大ブームのときにはわからなかったミニ四駆の側面を知ることができた。
一番驚くのは、ミニ四駆のスピードは○○○○㎞をこえてしまうことだ。(ネタばらしになるので具体的な数字は書けないが)
とにかく、あのミニ四駆ブームを再考したい人は読んで損はないだろう。




北里柴三郎―日本細菌学の父 (講談社火の鳥伝記文庫 (32))
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






キタキツネのチロン (てのり文庫)
販売元: 小峰書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

孤独、人の目を逃れ、誰とつるむわけでもない。自分だけが生き延びる手段。チロンの生き方は、私たちのように甘くありません。飼いならされたような、優しい表情はないのかもしれない。けれど、チロンは生きます。その姿は厳冬の中、美しいキタキツネのプライドを見せてくれます。身近でない動物のプライドを知ることも必要ではないでしょうか。




北風と太陽―イソップ童話集 (講談社 青い鳥文庫)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






北の天使 南の天使 (ポプラ社文庫 (A180))
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






奇跡を起こした村のはなし (ちくまプリマー新書)
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 本のタイトルは、「奇跡を起こした村のはなし」。ノンフィクション作家の吉岡忍さんの著書で、新潟県黒川村について書き下ろした作品だ(筑摩書房 定価760円+税)。そのカバーには、
「豪雪、大水害、過疎という苦境を乗り越え、
 農業と観光が一体化した元気な姿に生まれ変わった黒川村。
 小さな町や村が生き残るための知恵を
 教えてくれる一冊」と書かれている。
 この本を読むと、市町村の長の一念がいかに大事なものかがよく分かる。3時間しか睡眠時間を取らなかったと言われる黒川村の故伊藤孝二郎村長の生き様が、まさに地方自治を生き延びる術を象徴し、理想的な公務員の姿を浮かび上がらせてくる。
 人は、楽に生きたいと望む生き物だ。
 著書の中で吉岡さんは、伊藤村長の座右の銘を「先憂後楽」と紹介している。
 苛酷な自然環境の中で暮らす地域の人々の暮らしをいかに護っていくか、その憂いを払うためにボロボロになるまで身体を痛めつけて奔走した伊藤村長の「後楽」とは何を意味するのか。
 著書の最後に、伊藤村長の跡を継いだ布川村長の言葉が載せられている。

「いま中央から聞こえてくるのは、『小さな村なんか、つぶしてしまえ』という声ばかりですよ。われわれの悪戦苦闘は何だったんですか?」
 2005年夏、黒川村は地図上から消える。となりの中条町と合併し、『胎内市』が生まれることが決まっている。

 この著書を通覧した人は、この現実にいわれのない不条理を実感するだろう。また、その実感と共に、身の回りの地方公務員のていたらくを嘆くに違いない。
 あんた達は、恥ずかしくないのか。自分の生き様に誇りを持てるのか。
 この著書は、そう語りかけているような気がする。




女子高・男子高合併物語〈1〉危険な少女 (Kノベルス)
販売元: 偕成社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






キキとララのゆめのくにめいろ (ギフトブックシリーズ)
販売元: サンリオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






キキとララのゆびあそび―お子様の手先を器用にする
販売元: サンリオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ