戻る

前ページ   次ページ

和書 508076 (223)



グリム童話集 (1) (講談社青い鳥文庫 (93‐1))
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グリム童話集 (2) (講談社青い鳥文庫 (93‐2))
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グリム童話集 (3) (講談社青い鳥文庫 (93‐3))
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グリム童話集 (4) (講談社青い鳥文庫 (93‐4))
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グリーングラス (ピアスノベルズ)
販売元: マガジン・マガジン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 恋人と別れて沈んでいた主人公は、ある男から男相手の主張ホストとして働かないかと誘われる。主人公は男の持っている人材派遣会社の派遣スタッフとして大手メーカーに勤めながら、裏会社で出張ホストの仕事を始めた。

 主人公が関わる客は恋人と別れたばかりだったり、自分のコンプレックスに悩まされていたり、恋愛に不器用な人たちばかり。そんな彼らの心を敏感に感じ取りホストとして癒していく主人公と客たちの関わりと共に、主人公にやってきた新しい恋を描いた物語で、一粒で二度おいしいつくりになっています。

 登場人物たちの性格がきちんと描かれていて、こんな人たちがする恋愛はきっとこうだろうと説得力がありました。ホストとして客の前に立ち、彼らの欲しい言葉を与えられる主人公も自分のこととなると臆病になってしまうところをさらりと読ませてくれる手腕、見事です。もちろん主人公のお相手についても、本人は自覚している「こう見えても実は……」な不器用さが最後に明らかにされて思わずニヤついてしまいました。何度も読み直して、その度に幸せな気分になる本です。




グリーン家連続殺人事件 (ポプラ社文庫―怪奇・推理シリーズ)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グリーン・ノウの子どもたち (てのり文庫 (566C007))
販売元: 評論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

エッセイストとして知られる林望とも交友のあった著者の「グリーン・ノウ」シリーズ第一作。十数年ぶりに読み返しても薄れない暖かさのある、ふしぎな(そしてきわめて英国的な)童話の傑作。(あの川の大うなぎはいつから生きているのだろう?)




星が丘ミステリー・タウン〈5〉グルメ殺人にご招待 (Kノベルス)
販売元: 偕成社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ハチャメチャ探偵帳〈6〉グルメ料理はフルコースで (ポプラ社文庫―SF・ミステリーシリーズ)
販売元: ポプラ社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






グレイがまってるから (中公文庫)
販売元: 中央公論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

自分が飼っていた犬と暮らした日々を思い出します。
こんなしぐさ、するする!
と、おもわずほほえんでしまうスケッチも
この本を親しみやすくしているのではないでしょうか。
犬が好きな方はもちろん、よみながら、ほわっとしたい人にオススメです。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ