戻る

前ページ   次ページ

和書 554118 (285)



乃木希典
販売元: 文藝春秋

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

には一読の価値はあると思います。読み終えて軍人として愚将のイメージはぬぐえなかったが、作中の
「乃木が清廉潔白に見られようと努力したことにむしろ感ずるところがある。それは作為であり、演出だ。だが、それが自ずからのものではなく、努めたものであるからこそ畏敬を覚える」ということばに現代人の失われたものを考えさせられる。有能よりも有徳。だからこそ明治天皇の御信任も厚かったのだろう。




乃木希典全集 補遺
販売元: 国書刊行会

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






野口英世―21世紀に生きる
販売元: 日本経済評論社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

野口英世なんて、胡散臭い人物と思っていたけれども、今秋には千円札になるというので、一家言あるところを示さなければならないと、書籍をあれこれと物色していました。
多くの書籍が、野口を「聖人」として扱うか、ゴシップ的に扱うかという状況の中で、本書の真摯な内容にビックリしました。

これは決して新千円札発行を当て込んだ書物ではありません。新たに多くの知見を得るとともに、18年という年月を“野口英世ゆかりの細菌検査室”保存運動にかけた編者たちの野口への思いにも感動しました。本当にお疲れ様でした。




野口英世 最後のたたかい
販売元: 文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






残された山靴―佐瀬稔遺稿集
販売元: 山と溪谷社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

著者が死ぬ間際に書いた作品。

特定のアルピニストに絞ってかかれた作品が多かったが、これは色々な登山という究極の世界で命を落としていった登山家の紹介となっている。
一人一人の登山家としての活動がさらっと述べられており、各々の登山家がどういう活動をしたのかを知る手がかりにはなる。
登山家同士、登山界という形で何らかの関係で結ばれていることが多く、一人の登山家を中心に周りの色々な登山家のことを知ることにも繋がり、よりイメージを膨らませることができる。
究極の世界に身を投じた登山家を知るのには良い本だと思う。

最後に著者自身の癌との闘病生活が描かれている。
ライターとして仕事熱心に生きてきた様子と、彼自身が闘病生活で繰り広げられる様子は、まるで死がすぐ隣に存在する登山活動と重なって思えてならない。
どちらも生というものを生々しく感じさせるものである。




信長・七つの先見力―今も生きるリーダーの条件 (ノン・ポシェット)
販売元: 祥伝社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






信長 秀吉 家康―勝者の条件敗者の条件
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






病気(やまい)からの贈り物 (ノベル倶楽部)
販売元: 日本文学館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






野村証券 五人の社長―人をつくり 組織をつくり 金融大国日本をつくった男たち
販売元: 日本実業出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ノンフィクション 我がアインシュタインの栄光と苦悩
販売元: 創英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ