戻る

前ページ   次ページ

和書 554118 (365)



「東洋の使徒」ザビエル (1)
販売元: Sophia University Press上智大学

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「最強のリーダーたち」の考え方
販売元: PHP研究所

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

一流企業の社長のお言葉が読める。
ただ、やっぱり、社長によって、説得力というか、すごさが違うと思う。
学生向けに書かれた本であると思う。社会人への心構えとか。




「時代小説」から何を学ぶか―描かれた人間像、歴史観をたどって生き方の指針を探る ビジネスマンに贈る
販売元: オーエス出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「明石人」と直良信夫
販売元: 雄山閣

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「明大前」物語
販売元: 筑摩書房

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「明大前」という場所にこだわった、この場所をめぐる濃い人間模様・・・という内容の本かと期待していたのですが、これまでの著者のエッセイに既出の内容ばかりで残念でした。
自身の若い頃の出世話や女性との色恋、育ての両親との複雑な関係・・・といういつもの話にもう読者は食傷気味では?




「日本株式会社」を育てた男 (集英社文庫)
販売元: 集英社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

戦前にアントワープに本拠を構えた日本人の物語
ベルギーでシップチャンドラーという船への食料などを納入する仕事から
やがては日本との取引を行う商社として発展していった一方で
日本とベルギーとを人的経済的にも結ぶ橋渡りをし、
またパリで食い詰めた画家などの日本人を食客として抱えた
そういう戦前の日本の発展を裏で支えた快男児の物語である
その反面で私生活は苦労が多く、妻はまた複雑な人物であり
社交界でも華々しく活躍し主人公を助けたりもするものの
野心家でありまた性格に問題があり、余り幸福な家族関係ではなかったという
戦後、またベルギーに帰りブリュッセル万博を成功に導いたりするものの
やがては財閥系の商社に押され影が薄くなっていくという
やはり日本の資本主義の発展を表すような表舞台からの去り方であった
ただ題名だけ見ると満鉄関係の本か、と誤解するけど全然関係ないので注意
また著者がなぜこの人物を知ったかというと実は野球関係の取材をしている中で
ベルギーに野球を紹介した人物として知ったのだという
シップチャンドラー時代に船員が道具を持ち込んで盛り上がったのだとか
ちなみにぐぐってみると、妻と食客だった画家の話しか引っかからないあたり
あえて人を陰から支えた主人公の人生が逆に浮かび上がってくる





『日暮硯』リーダーの心構え―信州松代藩の財政改革に学ぶ
販売元: 山下出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






“教祖”降臨―楽天・三木谷浩史の真実
販売元: 日経BP社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本のタイトルからは,いかがわしい雰囲気がつよく感じられる.しかし,内容は三木谷のおいたちから興銀就職,MBA 取得,孫正義との出会い,楽天のたちあげ,楽天球団誕生,フジテレビ問題などをまじめに論じていく.なぜこのようなタイトルをつけたのか,不明である.三木谷と孫,ホリエモンなどとの関係やちがいの記述をはじめ,おもしろいエピソードはいろいろ書かれているが,280 ページほどのなかであまりにおおくのことを書いているので,食い足りないのはやむをえないだろう.





「愛してるよ」と言えなくて―マッコの想い出
販売元: 文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






「情」こそすべて―愛情・情熱・情義
販売元: 生活情報センター

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ