戻る

前ページ   次ページ

和書 554168 (120)



サギ読本―中国マフィアの手口
販売元: データハウス

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






詐欺とペテンの大百科
販売元: 青土社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

防犯の参考書として読むにはあまりに厚い本ですが、一つ一つの事例が面白く、楽しんで読むことができます。
事典形式で、非常にたくさんのエピソードが短くまとめられているので、どこから読んでもどこで読むのをやめても良いわけですし。
 
大詐欺師たちの多くが、最後は貧しく寂しい中で人生を終えているのが意外です。(中にはそうでない人もいますけど)
 
紹介される手口を読むと、
「これはひっかかるなあ」
と思わされるものも多いのですが、たくさん読んでいくうちに、なんとなく詐欺というものが“見えて”きます。
 
人間の本質は、何百年も前から変わっていないわけで。
詐欺の本質もまた、似たようなものが多いのかも知れません。
油断は禁物とはいえ、詐欺被害を防ぐためにも本書は一役買うかも。




詐欺とパクリの裏手口―海千山千!騙しのテクニック (にちぶん文庫)
販売元: 日本文芸社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






詐欺商法・訪問販売の魔術―恐るべき実態
販売元: 青年書館

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






先物取引だましの正体―女と老人はエサである
販売元: MBC21

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






佐川清―佐川マネーはこうしてできた!
販売元: ぱる出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






佐川急便の犯罪―何故、政治家は佐川マネーに群がったのか?
販売元: ぱる出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






佐川急便事件―“飛脚便”が運んだ黒い金
販売元: 日本共産党中央委員会出版局

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






佐賀バスジャック事件―悪魔の晩餐 十七歳の凶行〈第1部〉生贄の十五時間半
販売元: ブイツーソリューション

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

この本は小学生の作文より酷い。

基本的な助詞の間違い。分かりづらい比喩の連続。
イライラするほど同じ単語の繰り返し(語彙が少ない)、
まとまりもなくて、どうしようもなく読みにくい。
挙げていけばキリがない。

一言で言ってしまえば、『日本語がおかしい』
1ページ目から読む気が失せ、30ページと読み進むことが出来ませんでした。

気になったので、この作家の他の本のレビューを見て見ると
同様の事が書かれていて、納得。
興味のあるタイトルだっただけにとても残念です。





酒鬼薔薇聖斗の告白―悪魔に憑かれたとき
販売元: 元就出版社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

「カラマーゾフの兄弟」(流行の文庫本)を読んでいて、本書を思い出しました。
酒鬼薔薇聖斗が自分の神を創り、どうして人を殺してはいけないのかと、もう一人の自分と自問自答する部分は、イワンの悪魔との対話そのものです。
イワンが現代に蘇ったのか、それとも、時代が過去に戻ったのでしょうか。




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ