戻る

前ページ   次ページ

和書 769110 (182)



うらぼんえ (あおばコミックス)
販売元: あおば出版

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






うらやましい死にかた (文春文庫)
販売元: 文藝春秋

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

彼岸花が、田んぼの畦に一斉に赤く行儀よく並んで、咲いていたのを 自転車で、通った道で、偶然眼にしました。そして、この本のことを思い出しました。なんて、人間的なのでしょうか? 殺伐とした今だからこそ、この本の意味があり、あり、また『親孝行』みたいな感じも伝わるのです。作家『五木』氏が、素人の面々に感動を覚えるという出だしは、まさに人間的でありました。生き切るというのは、どういうことなんだろうかって、感じたときに開いてみてください。いや、そんなこと、考えてもいないときに 開いてみてほしい。そろそろ、また平成バージョンなんかも期待しつつ。ほんとうにステキな人間の交流を描いた大切な本です。おススメします。




うらやましい死にかた
販売元: 文藝春秋

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

彼岸花が、田んぼの畦に一斉に赤く行儀よく並んで、咲いていたのを 自転車で、通った道で、偶然眼にしました。そして、この本のことを思い出しました。なんて、人間的なのでしょうか? 殺伐とした今だからこそ、この本の意味があり、あり、また『親孝行』みたいな感じも伝わるのです。作家『五木』氏が、素人の面々に感動を覚えるという出だしは、まさに人間的でありました。生き切るというのは、どういうことなんだろうかって、感じたときに開いてみてください。いや、そんなこと、考えてもいないときに 開いてみてほしい。そろそろ、また平成バージョンなんかも期待しつつ。ほんとうにステキな人間の交流を描いた大切な本です。おススメします。




うらら町字ウララ
販売元: 新潮社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






うりずん
販売元: 光文社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

吉田修一の本だと思ってしまうと拍子抜けする。
けっこうこの定価で高額なんだけど、前半は写真が主だからだ。
後半の吉田修一の短編を読みながら、作品のタイトルが付いた写真を見るのはけっこう忘れる。
日常生活の中で人々が雑踏の中で隠してきた思いみたな少し淋しい感情を描いてる短編集は、読み始めると次の短編が気になって文章だけに集中してしまうからだ。
今の自分に気付いてとか
失った過去を思い出してとか
辿り着きたくない結果から逃げたい思いとか
戸惑う色々な人の感情が短編で味わえる。
吉田修一だけ、文章だけでもう少し安く出版してくれたと思った。
つまり、私にはこの写真はあまり好きではなかったからだ。




うるさい妹たち (1963年)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






うるわしきあさも 阪田寛夫短篇集 (講談社文芸文庫 さO 1)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






うるわしき日々 (講談社文芸文庫)
販売元: 講談社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 名作「抱擁家族」の続編、と作者自らが宣言しています。

 今、このように構成員が壊れてしまっている家族は少なくありません。高齢化社会、弱肉強食の新自由主義に基づく社会が進むにつれ、このように「人生の敗者」になってしまっている成員を抱えた家族はますます増加してゆくと思われます。
 この小説は「私小説」なのでしょうか? たぶん、作者自身が置かれたプライベートな状況に極めて近いのでしょう。しかし、少なくともむしろ作者一流のユーモラスな筆致によって、その絶望的な状況は緩和されているようにみえます。
 しかし、それはあくまでも見かけです。このユーモアはどこから来るのでしょうか? 開き直りなのでしょうか? それとも生への信頼なのでしょうか? たしかに、このような救いようのない状況に対抗するのはこの「ユーモア」しかないのかもしれません。しかしわたくしはそれが極めて無気味に見えます。現実が、そのユーモアの向こうに隠蔽されたようにみえる分、かえって「救いようのなさ」が強調されているように見えるからです。

 ということで、個人的にはあまり好きなタイプの小説ではありません。しかし、好悪を理由にこの名作を推さないのは不公平というものでしょう。




うるわしき日々
販売元: 読売新聞社

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 名作「抱擁家族」の続編、と作者自らが宣言しています。

 今、このように構成員が壊れてしまっている家族は少なくありません。高齢化社会、弱肉強食の新自由主義に基づく社会が進むにつれ、このように「人生の敗者」になってしまっている成員を抱えた家族はますます増加してゆくと思われます。
 この小説は「私小説」なのでしょうか? たぶん、作者自身が置かれたプライベートな状況に極めて近いのでしょう。しかし、少なくともむしろ作者一流のユーモラスな筆致によって、その絶望的な状況は緩和されているようにみえます。
 しかし、それはあくまでも見かけです。このユーモアはどこから来るのでしょうか? 開き直りなのでしょうか? それとも生への信頼なのでしょうか? たしかに、このような救いようのない状況に対抗するのはこの「ユーモア」しかないのかもしれません。しかしわたくしはそれが極めて無気味に見えます。現実が、そのユーモアの向こうに隠蔽されたようにみえる分、かえって「救いようのなさ」が強調されているように見えるからです。

 ということで、個人的にはあまり好きなタイプの小説ではありません。しかし、好悪を理由にこの名作を推さないのは不公平というものでしょう。




うろこの家 (角川ホラー文庫)
販売元: 角川書店

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

皆川博子と岡田嘉夫の素晴らしいコラボレーション。
二人の巨匠の文と絵がウキウキとしながらこれでもかこれでもかと絡まりあってゆく様を見ているのは大変気持ちが良いです。出来も素晴らしくコッテリ濃厚ですが流石に上品。
作品精華 伝奇―時代小説編にも収録されていますが、文庫サイズでこの世界をコンパクトに持ち運び出来るのは非常に美味しいです。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ