戻る

前ページ   次ページ

エレクトロニクス 3483121 (30)



CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700RD 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700BU 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 限定カラー
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700BS 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700BN 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 限定カラー
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700BG 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 限定カラー
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6700 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6600WE 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まずキー配列を含むデザイン全般の完成度がすばらしい。操作感も実に優しい。私は今までセイコーのコンパクトな電子辞書を使い継いできましたが、それらに比べても、検索精度が劣るという印象もありません。使い手に誠実で、持つ喜びを感じられるとてもよい道具だと思います。




CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6600RD 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

英語はもちろんのこと、イタリア語も勉強中だったので、microSDで辞書を追加できちゃう機能に感動し購入しました!!!

たくさんの辞書が入っているので、気になることがあると調べてしまうわたしにはちょうど良かったです!マイペディアがお気に入りです!

タッチペンは、漢字を調べるのときに使ってます!
このシリーズはオススメです♪




CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6600BS 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

2代目の電子辞書を購入。
旧使用機はSHARPの20コンテンツ程度収録されたものを使用していましたが
読みが分からない漢字や単語を手書きで調べたくなり、手書き対応機を物色。
旧機と同様SHARP製の購入を前提に検討していましたが、
検索のレスポンスの良さや複数辞書からの検索機能が優れており、
電子辞書では定評のあるCASIO Ex-wordに絞り込みました。
機種は絞り込んだものの、さてEx-wordのどの製品にすべきか悩み、
大型家電専門店へ実際操作をしに来店。
決め手は収録コンテンツの多さ・バックライト付・手書きの認識の良さでしたが、
何よりも当方は薬を処方されていてそれを調べたかったことと、
仕事柄、経済・会計用語を使用する機会が多くそれを検索できるもの、
そして、海外出張時にネイティブな英語の発音が聞けるこの機種に決定しました。
読書をしている際に分からない漢字や熟語、外来語が出た時にもサッと調べられるので
紙媒体の辞書よりも断然お手軽で何よりも電子辞書だとかさばらず持ち運びも便利です。
今では仕事でもプライベートでも電子辞書なしでは生きていけないくらいです。
「分からない言葉や単語なんてインターネットで調べれば良いんじゃない?」とお考えのあなた(私もそうでした)、
インターネットだとPCがその場にないとすぐに調べられないし、
後で調べようにも調べようとした単語を忘れてしまって結構面倒ですが、
電子辞書なら思い立ったその場で調べられるので、一度使うと手放せなくなりますよ。
追加コンテンツも充実していて、私も既にCD−ROM版を3コンテンツ購入し
micro SD cardに内蔵し使用しています。
☆5つを付けたいところですが、メインパネルもスクロール等をタッチパネル式で使用できるためか
輝度がイマイチで見づらい(バックライトをつければ問題なし)ので☆は−1です。
でもSHARPのpapyrusのワンセグ機能付もワンセグ自体は使用しませんが、ブリタニカ大百科事典等を写真付で閲覧できて結構欲しい機種でもあります。
次回購入時はこのへんの機能が各社揃い踏みになっているかもしれませんが、検討項目の一つとしたいと思います。




CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP6600 100コンテンツ多辞書 ネイティブ+7ヶ国TTS音声対応 メインパネル+手書きパネル搭載 モデル
販売元: カシオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 電子辞書を購入したのは今回で4台目です。過去にカシオ製、シャープ製共に使用したことがあります。以前に購入した数年前は搭載辞書数が少なかったので、両者に大きな差異は無かったように思います。今回の購入にあたっては以下の2機種で比較検討し、カシオ製:XD-SP6600を購入しました。

・カシオ製:XD-SP6600
・シャープ製:PW-AT770

●私がカシオ製:XD-SP6600を選んだポイント
1.経済、経営、株式、金融、流通、不動産、会計用語などのビジネス系の辞書が充実している。
→私は株式投資を行っているので、株式や会計などの用語を調べる機会が多くて重宝する。ビジネス系の搭載辞書に関して言えば、明らかにカシオ製の方が優れている。

2.広辞苑 第六版が収録されている。
→国語系辞典なら何でもいいように思いがちだが、解説の言い回しに結構違いがある。自分には広辞苑が合っているように思う。

3.キーの配置に関して、決定ボタンを中心として上下左右に遷移ボタンが配置されており、画面遷移がやり易い。
→電子辞書は、検索結果の一覧画面から一つの語句を選択したり、前画面の一覧に戻ったりする操作が多い。キーの配置は些細なことのようで、結構操作性を左右する。

4.メインパネルのメニューなどをスタイラスペンで直接指示出来る。
→キー操作を補完するものとして、画面上のメニュー等を直接ペンで指示出来るので、直感的に操作出来て便利である。

●電子辞書を選択する際のアドバイス
1.カタログ上の仕様のみを鵜呑みにせず、店頭で実際に操作してみること。
→キーの配置を主とする操作性、画面の大きさやデザイン、スタイルの印象などは、実際に手に取って操作してみないと、自分の感性に合うかどうか分からない。

2.自分が興味を持っていてよく調べる分野の用語を実際に検索してみること。
→例えば複数辞書一括検索を行うと、メーカーによって検索結果が大きく異なることがある。同じ用語を検索しても、複数の辞書がヒットする場合があれば、一つの辞書しかヒットしない場合もある。一つの用語の意味が複数の辞書でヒットした方が検索結果にバリエーションが出て良いと思う。但し、検索結果が多数出ると煩わしいと感じる人もいるので、好みの問題でもある。

3.操作性や必要となる辞書に大きな差が無いのであれば、メーカーにこだわらずに価格が安い方を買うという選択肢もある。

●まとめ
電子辞書を選ぶに際し、辞書そのもののコンテンツ、操作性、デザイン、価格など、いくつかの観点があると思います。どれを重視するかは各人の個性、好みの問題です。私の場合は、辞書そのもののコンテンツを重視して選択した次第です。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ