戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 569296 (12)



1973-1979: Oddz & Enz
販売元: Imports

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1970's Boy
販売元: Captain Mod

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1969~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ライヴ1969
販売元: ユニバーサル インターナショナル

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 1987年2月22日のWarholの死後、1972年のLe Bataclanでのライヴ以来共演歴のなかったReedとCaleが再会しWarholを追悼してアルバムを作成しました(Songs For Drella, 1990年4月11日リリース)。その後、予想外でしたが二人でのツアーが行われ、またそのツアーの途中、FranceのJouy-en-JosasでのライヴのアンコールでなんとMorrisonとTucker が登場しHeroinを演奏しました(これは当時も大きく報じられ、またこのHeroinはいくつかの海賊盤にも収録されました)。
 これを契機にヴェルヴェッツは再結成しました。1993年6月1日のEdinburgh公演を皮切りにヨーロッパ・ツアーを開始し、その後はアメリカ・ツアーやMTVアンプラグドへの出演、更にライヴ・アルバムや新作の発表までが予定されていたといいます。しかし結局ReedとCaleがうまくいかず、バンドは再度解散。実現したのはヨーロッパ・ツアーのライヴ・アルバムの発表だけでした。その後1995年8月30日にMorrisonが非ホジキン・リンパ腫で亡くなり、再結成はこれが最初で最後ということになってしまいました。
 この93年の再結成の様子は1枚もの・2枚もの二つのフォーマットのCDとして、また映像もヴィデオやLDとして発表されました(近年ようやくDVDでもリリース)。MCMXCVはギリシャ数字で1993を表しているようです。
 で、肝心の内容ですが・・・。音質・画質はいいものの、とんでもない演奏としかいいようがありません。正直、この1993年のヴェルヴェッツの作品群は、無かったことにしてほしい・・・。ただ新曲Coyoteはかなりかっこいい曲なので、もし購入するとしたらこの曲を収録したものをお勧めします。




1969~ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ライヴ
販売元: ユニバーサル インターナショナル

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

元々音質はそんなに良くないライヴ盤ですが、以前の各一枚にばら売りされていたCDより
音が良くなっていて何を弾いているのかよくわからなかったダグ・ユールのオルガンのフ
レーズとかが聴き取れるようになっています。残念なのは、CDケースの裏ジャケットの背
タイトルが間違っていて1969が1996となっています。




1969: Velvet Underground Live, Vol. 2
販売元: Mercury

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1969: Velvet Underground Live, Vol. 1
販売元: Mercury

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

~ゆっくりと始まり、しだいに熱くなっていく演奏はアルバムで聴くのとは全く違った印象です。

VUのライブは数多くリリースされていますが、どの演奏も基本的には同じトーンがあります。かと言って、どれも同じではないのでファンにとってはどの演奏も大切に聴きたいものです。このライブもしかり。
~~
1stの曲がlouのヴォーカルでしっかり聴けるというのもVUのライブの醍醐味です。~




1966-1967 Unreleased Masters Collection
販売元: Collectables

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1936: The Spanish Revolution
販売元: Alternative Tentacles

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






1936: The Spanish Revolution
販売元: Alternative Tentacles

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






18 Modern Rock Classics from the 80's
販売元: Jci

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ