戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 569316 (298)



Dare!
販売元: Virgin

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Dare!
販売元: Virgin

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Dare!
販売元: Virgin

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Dare!
販売元: EMI Int'l

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Dare!
販売元: Virgin

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Dare
販売元: Musicrama

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直な所、本作('81年作)に収録されている[10]のヒットのみでしかこのグループを見ていません。'70s後期に英国で結成されたという点からすると、所謂、ポスト・パンク路線のコンテキストで語る事もできるのでしょうが、そのあくまでシンセ主体のポップな感覚が時代(次代='80s)に受け入れられた事が幸いしたと言えます。
ELO(Electric Light Orchestra)の持つポップ&クラシック性、クラフト・ワークが持つ一貫した孤高性といった、同じようなシンセを主力として使うグループと比較すると、演奏力がどうのとか、歌唱力がどうのとか、といった部分では正直勝ち目はないのかも知れません。
#前後作品を全く聴いていないので適切なのか否かは判りませんが、、m(_ _)m
ただ、例の第二次ブリティッシュ・イノヴェーションの波が音楽業界を席巻した頃にぶち当たったというのも幸いしたのでしょう。




Danses a Deux -Rock-
販売元: Polygram

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1996年のパリ・ライヴ盤2枚組み、どうして日本では発売されなかったのか? スタジオ録音盤の後に、ライヴでのシルヴィを聴いてみると魅力が倍増!すぐ手に入ればいいが。90年代のシルヴィの作品はジャケットがすごく洗練されてる。良く見たら世界的な写真家の名が。




Dans une Folle Farandole
販売元: Coll. Patrimoine Fr

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Dangerous Acquaintances
販売元: Island

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

力強い「スウィートハート」から、最後の「トゥルース・ビター・トゥルース」まで
自伝的な歌が続きます。
最後の曲、若さはどこへいってしまったか・・と始まる「トゥルース・ビター・トゥルース」
なかなかよい11分の長い曲です。フェイスフルは暗い歌も得意ですがは暗くはありません。






Dangerous [Analog]
販売元: Capitol

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ