戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 569352 (49)



Lanquidity
販売元: Evidence

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

雑誌かなにかで「夥しい数のアルバムをリリースしたsun raのなかでも、最も入りやすく聴き易い」旨のコメントを見た事があるが、侮るなかれこのアルバム相当ひねくれ者です。一曲目なんかもう空間軸がボキボキと音を立てて壊れて行くさまがかなりアシッド。確かに入り易い音なんだけど、結構危ない。簡単に人をおびき寄せといて、ズブズブ自分たちの世界に浸しちゃうような、何か怖いモンスターが奏でているような。一度ハマると好きな人はなかなか抜け出せない温泉底なし沼で、トロトロアシッドなこの音像に浸ってみませう。




Languages
販売元: Moon

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Lady Bird
販売元: Denon Records

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






KUWANZA(クワンザ)
販売元: MCAビクター

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

恥ずかしながら、未だその本質のようなものは理解していないのは確かですが、A.シェップ(ts)の演(や)っている音楽って、案外、ジャズとかって形式ばって捉えなくてもいいのはないか?というのが個人的な思いです。
既聴作品が少ない故のおかしなモノ言いかも知れませんが、フリーだなんだと括ってしまうよりは余程聴く側の心的自由度は高まるのではないでしょうか?
本作('74年リリース)は世界初のCD化との事ですが、複数セッションの寄せ集め故の統一感のなさはあります。しかし、一本ビシッと通っているのが"太く、力強く、吼える様な"A.シェップのts。[1]は全くのR&Bですし、[2]もL.トーマスの例のヴォーカルスタイルが、やはりジャズという響きを何処か通り越して(?)いるようで面白いものがあります。
個人的な好みでは、タイトルからしてそそられる[3]。とにかくエネルギーの凄さが伝わってきます。またストレートでカッコいい(逆に言えば、よくありそうな?)テーマが好感の[4]などが気に入っています。
こういうタフな人の奏でる音(楽)というのは、やはり聴いていて自然とこちらも嬉しくなってきます。




Kristallnacht
販売元: Unknown Label

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

参加ミュージシャンは全員ユダヤ人という、強烈なユダヤアイデンティティに
血塗られた情念を感じる恐作。自信もユダヤ人のジョンゾーンの鬼気迫る
ガラスの破裂音のサンプリング。作品全体に滞る緊迫感が容易に近づけないなにかを放ちながら輝く。極北の現代音楽作品として聞いていただきたい。




Kristallnacht
販売元: Tzadik

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

参加ミュージシャンは全員ユダヤ人という、強烈なユダヤアイデンティティに
血塗られた情念を感じる恐作。自信もユダヤ人のジョンゾーンの鬼気迫る
ガラスの破裂音のサンプリング。作品全体に滞る緊迫感が容易に近づけないなにかを放ちながら輝く。極北の現代音楽作品として聞いていただきたい。




Know Time
販売元: Justin Time

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Knitting Factory (Piano/Quartet) 1994, Vol. 2
販売元: Leo

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Knitting Factory (Piano/Quartet) 1994, Vol. 1
販売元: Leo

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Ken Burns JAZZ Collection: Ornette Coleman
販売元: Sony Mid-Price

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ