戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 569360 (11)



Best of Mel Tormé
販売元: EMI-Capitol Special Markets

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Best of Julie London
販売元: Msi

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まあ〜、これもベストには間違いはないが、その後も含めて多くのベスト盤があります。
絶対これが一番良いとは言いがたい。

私なら2006年リリースの「THE VERY BEST OF JULIE LONDON」(EMI/CAPITAL)が全50曲でお勧めです。

アメリカ盤、イギリス盤とあるが、できることならアメリカ盤に絞って選ぶのが本道でしょう。




The Best of Ella Fitzgerald: Rhythm 'n' Romance
販売元: Recall

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Best of Ella Fitzgerald: First Lady of Song
販売元: Polygram

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1曲目が[too young for the blues](オケはバディーバーグマン)。ブリブリのswingで、朗々と「ブルースを歌うにはまだ若いわ」とやる。謙遜にも逆説にも聞こえる、いい歌。

サッチモとのデュエットが心地よい。これは元アルバムを買いやすい。[can't we be friend][i won't dance]など。

ラストがベイシー版['deed i do]で名演なのだが、これのオリジナル版が分からない。withベイジーを聞いたが、録音の感じが 比較的古臭い。期待と違って残念。

ポールスミス版[bewitched]がものすごく好き。そのほか、エリントンやピーターソンとの競演もあり。




The Best of Ella Fitzgerald [Pablo]
販売元: Pablo

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

50年代に活躍したロスアンゼルス基盤のピアニスト。クールなタッチとフレージングが特色。スタンダードを料理しているがクールになったチュニジアの夜が聞ける。現在のスムーズジャズの基盤になっているように思われる。古き良き時代のスィンギングジャズ+ハードバップが聞ける。折り目正しい優等生的なスィングな印象。サイドはレッドミッチェル(ベース)、チャックトンプソン(ドラム)。ケネディー政権な時代の人材なのでかなりふるいわな。まさにクラッシック。カクテルジャズな使い方もありか。
   10点中7点




Best Of Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
販売元: Polygram

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Ella Fitzgerald
販売元: Grp

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Best of Ella Fitzgerald
販売元: Direct Source

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Ella Fitzgerald
販売元: Verve

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Ella Fitzgerald
販売元: Verve

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ