戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 569366 (189)



Archery
販売元: Tzadik

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

共感してくれるひとは少ないと思いますが、あえて言わせてもらいます。

これ、結構かっこいいよ。

現代の音楽シーン(あらゆる音楽)において、間違いなく最重要人物の一人であるジョン・
ゾーン。彼の若き日の記録です。初期のゲーム・ピースです。ゲーム・ピースは指示を出す
人の指示に従って(あるいは従わないで)、ゲーム感覚で即興演奏をするものです。参加し
ているメンバーがやたら豪華です。

エレクトロニカやなにやらいろんな音楽を通過してきた今の耳で聴くとなかなかいい演奏
です。適度なエレクトロ感がかなりかっこいいです。最近で言うと、エヴァン・パーカーの
Electro-Acoustic Ensemble みたいな感じです。

お願い。買ったあとに「金返せ」って言わないでね。




Arcadia Shuffle
販売元: Jazz Archives

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Arbour Zena
販売元: Polygram

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

これは、クラシックとか、そういう範疇に収まるものではない。なにしろ、チャーリーヘイデンがベース、ヤン・ガルバレクがTsで加わっているのだから。まさしくアメリカングループとヨーロピアンカルテットのおいしいところを持ってきて、さらにソロコンサート風味を加え、最後にストリングスソースをふんだんにまぶしたのだから、キースの音楽的豪華フルコースなのだ。従って「おらあ、ジャズが聴きたいんだよ!」という頑固な人もある程度納得だし、ケルンしか知らないキース初心者でもびっくりせずにその後のキース道を拡げる事が出来るであろう。そう、キースのピアノはまさにケルン系ロマンチック路線だが、ストリングスはそこを増長させることなく、スパイシーに効かせてある。なにしろヘイデンがサ!スケ調のトワワ~ンとベースを響かせるとどっから聴いてもムードミュージックになんかならないのだ。ある種和風かつ滑稽味のある哀感が漂う。一方、ガレバレクが出てくると何か映像的な透明さが加わる。このヘイデン/ガルバレク/キースのトリオジャズな感じはSolara Marchの中盤に顕著に現れてくるが、まさに残氓+パーソナルマウンテンという感じだ。大曲Mirrorsも劇的でストリングスも含めた予想のつかない展開に圧倒される。こいつはスゴイ作品ですよ。




Arabesques 1/2/Gymnopedie 1-3/
販売元: Hungaroton/White Label (Hun)

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Arabesque
販売元: RCA

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Aquarius
販売元: Vogue

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Aquarius
販売元: Iris Music France

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Aquarius
販売元: Unknown Label

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






April in Paris, Featuring Body and Soul
販売元: RCA

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






April in Paris
販売元: 徳間ジャパンコミュニケーションズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ