戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 575440 (255)



Vu de l'Exterieur
販売元: Polygram France

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

イェイェに乗ったセルジュの、挑発的なアルバム。『メスのカバイポポタム』を始め、『手切れ』など,二度目の転換期を迎えたセルジュの、味のある渋い1枚。




Voyage on the River of Dreams
販売元: Columbia

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Voulez-Vous
販売元: Pid

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Voulez-Vous
販売元: Universal International

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ディスコ全盛期、誰でも聞いた音楽。それをサンプリングして新しい曲を作ったマドンナ&スタッフって 眼の付け所がいい。
でも ぜひぜひこのABBAの音楽も 聞いて欲しい。 
あまりにも流行っていたので 音楽通の人たちには 逆に敬遠したかもしれないが 今聞きなおしてみても ABBAは その 固有性においてすぐれたアーティストだったのだと気づかされる。
懐かしく 踊ってみるのもいいかも〜〜!!




Voulez-Vous
販売元: RCA

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Voulez-Vous
販売元: RCA

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

70年代の終盤、ディスコブームのさなかに発表された6枚目。そんな時代を反映して、落ち着いた雰囲気のあった前作とは一転して、パワフルな躍動感のあるリズムを前面に出した作品になっている。大スターになった自信と貫禄が感じられる。

アルバムのオープニングを飾るAs good as newはストリング・サウンドで始まるが、すぐにベースのチョッパーが効いた、ドライなアップテンポのリズムに変わる。このアレンジの切り替えは見事。曲が終わっても息つく暇もなく、スピード感に満ちたVoulez-Vousになだれ込む。この2曲で一気にハートが加熱される。
少年少女合唱団(?)をゲストに迎えたI have a dreamや、ユニセフの活動のために歌われたChiquititaのようにスローで魅力的な曲もあるが、全体を流れているのは、ノリノリの勢いのある曲。その中でも逸品は久し振りに男性ボーカルを前面に出したDoes your mother know。思わず身体が動き出してしまう。アルバムを閉めるKisses of fireもすごい勢いのある曲で、終わった後の余韻を微塵も感じさせることなく駆け抜けていく。

前作のしっとり感が好きだった私は、このアルバムを最初に聞いた時はあまりにものドライさにとても失望したが、今になって聞き返すと、この力強さをとても魅力的に感じる。




Voulez-Vous
販売元: Polydor

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Voice of the Heart
販売元: A&M

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

世界がこの素晴らしいボ-カルを失って早いもので20年以上が過ぎました。このアルバムに耳を傾ける時「今カレンが生きていたらどんなサウンドを聞かせてくれているのだろう....」、そんなことを考えてしまいます。中でも#10の最後で聞こえてくるピアノソロ.....ファンは
涙無くして聴けません。恋や仕事でもうクタクタの皆様にオススメです。




Voice of the Heart
販売元: A&M

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1983年2月3日....そうカレンが逝ってしまったあの日からもう20年という時間が過ぎてしまいました。CARPENTERSとしてリリ-スされたオリジナルアルバムとしては残念ながら最後の作品となってしまった本作ではボ-カリストとしてのカレンの実力とCARPENTERSの幅広い音楽スタイルがアルバムを通して楽しめます。個人的にはアルバムHORIZON以降に共通してうかがえるJAZZテイスト溢れる#7、そして歌詞、ボ-カル、編曲、そしてラストのリチャ-ドのピアノソロの美しい#10がおすすめです。アルバムはとてもポジティブな歌詞に溢れる一枚なのですが熱烈なファンとしては涙なしには聴けない一枚です。5つと言わず1億個くらい評価の星を与えたくなる一枚。元祖「癒し系ボ-カル」に疲れた心をゆだねてみては?




The Voice
販売元: Hit

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ