戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 575450 (115)



The Best of Van Morrison, Vol. 2
販売元: Mercury

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ベストのVol.1に比べて、彼の長いキャリアの中では後半となる80年代以降の作品が中心となっている。

全体にはよりスピリチュアルなムードが強まり、シンプルで穏やかな曲の中での唄いッぷりが感動的。

サウンド的にはリズム&ブルースのルーツが、むしろ洗練されて独特のIrishなMorrison世界となっている。すでに曲がどうのこうのという世界ではない。




Best of Van Morrison
販売元: Polydor

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Van Morrison
販売元: Mercury

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

基本的にベスト盤って嫌いだけど、ヴァン・モリソンのこのアルバムと続編のヴォリューム2は大好きです。
1枚通して聴いて1枚のスバラシイ、アルバムになってる気が自分はします。
マニアックって言う人が理解できません。解りやすい最高に良質なソウル・ミュージックだと思います。




The Best of Van Morrison
販売元: Mercury

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

基本的にベスト盤って嫌いだけど、ヴァン・モリソンのこのアルバムと続編のヴォリューム2は大好きです。
1枚通して聴いて1枚のスバラシイ、アルバムになってる気が自分はします。
マニアックって言う人が理解できません。解りやすい最高に良質なソウル・ミュージックだと思います。




Best of Van Morrison
販売元: St. Clair

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Best of Unchained Series
販売元: Edsel

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Traffic
販売元: Polygram

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

個人的にはトラフィックというグループはメイスン在籍時で終わっている。アルバム数でいうと3枚である。天才スティーヴィーとくせものメイスンの火花を散らすサウンドが好きだからである。この二人の作風と声のバランスが実にいい。一匹狼的なメイスンをなんとかグループに溶け込ませようとするスティーヴィーの存在がサウンドを通してよくわかる。選曲が抜群で「ペイパー・サン」「ヘヴン・イズ・ユア・マインド」「ノー・フェイス、ノー・ネーム・・・」「フィーリン・オールライト」「ディア・ミスター・ファンタジー」などは今でも十分通用する名曲である。ふたりよりを戻して再度アルバムを出してほしいと期待するのは僕だけではないと思う。




The Best of Times: The Best of Styx
販売元: Universal International

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






The Best of Three Dog Night
販売元: Universal Japan

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

60年代末~70年代前期にかけて、非常に多くのヒットを放った3DNのベスト。声質の違うヴォーカリスト3名を前面に立てるという異例のバンド構成をとっており、曲の特徴に合わせてリードを替えてその良さを引き出す、コーラス・ワークに工夫を凝らす等により、他のアーティストによる曲に磨きをかけてヒットに仕立て上げるという職人的なバンドであった。

ニルソンの「ワン」、ランディ・ニューマンの「ママ・トールド・ミー」、レオ・セイヤーの「ショウ・マスト・ゴー・オン」等、彼らがカヴァーすることで大きなヒットとなり、知名度が大きくアップしたアーティストも数多い。

基本的に3DNはシングルに力を注いだグループで、ベスト盤がかれらの最も良い作品だと思っており、その意味で、ほぼ全てのシングルをカバーしている本作がお薦め。3曲のNO1ヒット「ジョイ・トゥー・ザ・ワールド」「ママ・トールド・ミー」「ブラック&ホワイト」も魅力的だが、私は哀愁味あふれる「ワン」や「オールド・ファションド・ラブ・ソング」の方が好き。




Best of the Zombies
販売元: Music Club

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ