戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 575472 (23)



BBC Sessions
販売元: EMI Int'l

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

BBCの「THE ARCHIVE SERIES」からUFOのライブアルバムが発売されました。UFOのライブアルバムでは”Strangers in the Night”(邦題:UFO ライブ)が有名ですが、このライブアルバムも侮れませんよ。
1.~3.は1974年のスタジオでのライブ録音で、M.Schenker/P.Mogg/P.Way/A.Parkerの"Force It"編成です。

4.~6.は1977年のスタジオでのライブ録音で、M.Schenker/P.Mogg/P.Way/A.Parker/P.Raymondの"Lights Out"編成です。7.~10.は1974年のコンサートのライブ録音ですが、M.Schenker/P.Mogg/P.Way/A.Parker/P.Chapmanの”幻のツインリードギター”編成です。この編成でのライブ音源は超貴重です!11.~14.はBBCライブでは有名なParis Theatreでのライブ録音で、M.Schenker/P.Mogg/P.Way/A.Parker/D.Peyronelの”No Heavy Petting”編成です。これもかなり貴重なライブ音源です。演奏曲目は8.のWillie Dixonのカバーを除きUFOでは『定番』の曲ばかりですが、メンバー編成を聞くと購入意欲が俄然湧いてくるアルバムです。以上




BBC Radio One Live in Concert
販売元: ROIR

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

THIN LIZZYの本国イギリスでの最後の公演となった、1983年のReading Festivalでのライヴを収めた貴重な音源です。音質は荒いですが、そのぶんライヴならではの臨場感は抜群です。個人的には名盤とされる'LIVE AND DANGEROUS'よりこちらのほうがずっと気に入っています。一曲目の’Jailbreak'の中間部でいきなりタッピングを炸裂させてしまう、ジョン・サイクスには古くからのファンには賛否があったようですが、バンドに若々しさを与えているのは確かです。
選曲はほぼベストで、何回聴いても楽しめます。最後の曲’Still in love with you'の前にフィルが「これが本当に最後の曲だ。」というところでは本当に悲しくなります。フィルにはもっと長生きしてもらいたかった。





BBC Radio One Live in Concert
販売元: Griffin Music

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






BBC Radio One Live in Concert
販売元: ROIR

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

"Thunder and Lightning"発表後のレディング・フェスティバルでのライブです。編成は勿論John Sykes(g)加入後のメンバー(ジャケットにはなぜかSnowy White(g)が写ってますが...)で同編成のライブとしてはFarewell Tourでの"Life:Live"が発表されていますが、レディング・フェスティバルということもあり、こちらの方が”ノリ”は良い出来だと私は思います。解散ツアーなので選曲もベストに近いもので、ファンでない方にも楽しめる内容だと思いますが、Thin Lizzyのライブが聞きたければ"Live and Dangerous"をまず先に聞くべきだと思います。以上




BBC Radio 1 Live in Concert
販売元: ROIR

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






BBC Radio 1 Live in Concert
販売元: Griffin Records

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1から8まではポール・チャップマンがリード・ギターで1980年に録音されたもので、9から12まではマイケル・シェンカーと(おそらく)ポール・チャップマンのツインリード編成での1974年録音の音源と、変則的な構成のライヴ音源集。チャップマンの公式なライヴ音源というのも貴重だが、なんといってもシェンカーとチャップマンのツインリード編成での4曲の音源が極めて貴重です。ここで演奏されている名曲’Rock bottom'は二人のギタリストがソロを分けて弾く、珍しいバージョンです。’Doctor doctor'もツインリードでとてもかっこいいです。このCDは買って正解でした。




Bay Area Thrashers
販売元: Ranch Life

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks
販売元: Geffen Gold Line Sp.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このHANOI ROCKSの1stアルバムはレコードの溝が磨り切れるほど聴きまくった。
80年代前半、筆者にとって、これよりカッコいいRock'n'Rollのレコードはなかった。
また、彼らよりカッコいいRock'n'Rollバンドもいなかった。
彼らの場合、曲もカッコよかったが、ファッションや姿勢もRock'n'Rollそのものだった。
彼らの曲は、とても特徴的だ。
フィンランド出身のせいか、英米のバンドが作る曲とは雰囲気が全く異なる。
日本のバンドが日本の歌謡曲に無意識に影響されてしまうように、このバンドのソングライターAndy McCoyはフィンランドの歌謡曲?に影響されているのだろうか?
いずれにしても、この人は、英米のバンドが絶対に書かないような歌メロを書く。
Andy McCoyは1962年生まれなので、このアルバムが発表された1981年では、まだ19歳だ。
若干19歳で、このアルバムに収録されている珠玉のRock'n'Rollを書き上げてしまったAndyの才能は凄いとしか言い様がない。





Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks
販売元: Castle Music UK

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このHANOI ROCKSの1stアルバムはレコードの溝が磨り切れるほど聴きまくった。
80年代前半、筆者にとって、これよりカッコいいRock'n'Rollのレコードはなかった。
また、彼らよりカッコいいRock'n'Rollバンドもいなかった。
彼らの場合、曲もカッコよかったが、ファッションや姿勢もRock'n'Rollそのものだった。
彼らの曲は、とても特徴的だ。
フィンランド出身のせいか、英米のバンドが作る曲とは雰囲気が全く異なる。
日本のバンドが日本の歌謡曲に無意識に影響されてしまうように、このバンドのソングライターAndy McCoyはフィンランドの歌謡曲?に影響されているのだろうか?
いずれにしても、この人は、英米のバンドが絶対に書かないような歌メロを書く。
Andy McCoyは1962年生まれなので、このアルバムが発表された1981年では、まだ19歳だ。
若干19歳で、このアルバムに収録されている珠玉のRock'n'Rollを書き上げてしまったAndyの才能は凄いとしか言い様がない。





Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks
販売元: Castle Music (UK)

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このHANOI ROCKSの1stアルバムはレコードの溝が磨り切れるほど聴きまくった。
80年代前半、筆者にとって、これよりカッコいいRock'n'Rollのレコードはなかった。
また、彼らよりカッコいいRock'n'Rollバンドもいなかった。
彼らの場合、曲もカッコよかったが、ファッションや姿勢もRock'n'Rollそのものだった。
彼らの曲は、とても特徴的だ。
フィンランド出身のせいか、英米のバンドが作る曲とは雰囲気が全く異なる。
日本のバンドが日本の歌謡曲に無意識に影響されてしまうように、このバンドのソングライターAndy McCoyはフィンランドの歌謡曲?に影響されているのだろうか?
いずれにしても、この人は、英米のバンドが絶対に書かないような歌メロを書く。
Andy McCoyは1962年生まれなので、このアルバムが発表された1981年では、まだ19歳だ。
若干19歳で、このアルバムに収録されている珠玉のRock'n'Rollを書き上げてしまったAndyの才能は凄いとしか言い様がない。



前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ