戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 575474 (318)



A Tribute to Judas Priest
販売元: Century Media

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Tribute to Iron Maiden, Vol. 2: 666 Number of the Beast
販売元: Deadline

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Tribute to Black Sabbath: Eternal Masters
販売元: Priority Records

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Tribute
販売元: Sony Mid-Price

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正規盤はこれだけという、ランディのライヴ。トミーアルドリッジが言うように
サイコーではないがこれしかないという事実。




Tribute
販売元: Sony

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ランディー・ローズ────「クワイエットライオット」でデビュー、オジーと手を組み一世を風靡して、あの悲劇の飛行機事故で亡くなるまで「4年」である。(実質ランディーが世に知られたのは、オジーと組んでからなので「2年」が正しいか)この短い期間に、どれだけのギターキッズ達が刺激をうけたことであろう。このアルバムでより一層感じることができる、ランディーの神がかり的なギタープレイは、誰にも真似する事ができない魅力的な演奏である。ぜひとも聴いて欲しい。




Tribute
販売元: Epic

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正規盤はこれだけという、ランディのライヴ。トミーアルドリッジが言うように
サイコーではないがこれしかないという事実。




Trash
販売元: Elektra

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まず、注目してもらいたいのがスティーブン・タイラー、ジョン・ボン・ジョビ、リッチーサンボラ等の豪華アーティストの参加という点。
まさに当時を代表するスター達が勢ぞろいしているのが解りますよね?
また、デスモンド・チャイルドによるプロデュースというのも魅力の一つです。
尚、一切ス捨て曲が無く、いつまでも飽きずに聞けて、HR/HMファンではなくても凄く聴き易く、誰もが楽しめる最高の作品になっていると思います。
当時出なければ実現出来なかった歴史に残る名盤です。
キャッチーでポップでありながらもメロディアスなロックを思いっきり楽しんでみて下さい_(^^)
評価はもちろん文句なしの☆5つ!




Trash
販売元: Sbme Special MKTS.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

まず、注目してもらいたいのがスティーブン・タイラー、ジョン・ボン・ジョビ、リッチーサンボラ等の豪華アーティストの参加という点。
まさに当時を代表するスター達が勢ぞろいしているのが解りますよね?
また、デスモンド・チャイルドによるプロデュースというのも魅力の一つです。
尚、一切ス捨て曲が無く、いつまでも飽きずに聞けて、HR/HMファンではなくても凄く聴き易く、誰もが楽しめる最高の作品になっていると思います。
当時出なければ実現出来なかった歴史に残る名盤です。
キャッチーでポップでありながらもメロディアスなロックを思いっきり楽しんでみて下さい_(^^)
評価はもちろん文句なしの☆5つ!




Tracks from a Broken Dream
販売元: Lick

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ハノイのレアトラックス。中でも異色なのはマリブ・ビーチ・ナイトメアのカリプソ・ヴァージョン!(ライナーによるとマイケル考案でオリジナルがこっちだとか?)
1と7と12と13は『Two Steps〜』 の別テイク。3はチェリーボムズでやってましたが個人的にはベースもゴツゴツしててこっちの方が好きです。8ではマイケルのドナルド・ダックのモノマネが聴けます(ジギーのノラネコクロくんのノリです)
2と4は正規のアルバム作品じゃないながらもバンドスコアに載ってましたね・・・
他にもアンディの東洋趣味丸出しの10やBoilerでリフとして使われている14、ニンフォメニアック時代の15など。
アルバムとしてのまとまりはもちろんありませんが、『Lean On Me』にしても『Self〜』にしてもハノイの未発表作品のクオリティが恐ろしく高いです。(ファン目線ですみません)




Tracks from a Broken Dream
販売元: Plan 9/Caroline

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

ハノイのレアトラックス。中でも異色なのはマリブ・ビーチ・ナイトメアのカリプソ・ヴァージョン!(ライナーによるとマイケル考案でオリジナルがこっちだとか?)
1と7と12と13は『Two Steps〜』 の別テイク。3はチェリーボムズでやってましたが個人的にはベースもゴツゴツしててこっちの方が好きです。8ではマイケルのドナルド・ダックのモノマネが聴けます(ジギーのノラネコクロくんのノリです)
2と4は正規のアルバム作品じゃないながらもバンドスコアに載ってましたね・・・
他にもアンディの東洋趣味丸出しの10やBoilerでリフとして使われている14、ニンフォメニアック時代の15など。
アルバムとしてのまとまりはもちろんありませんが、『Lean On Me』にしても『Self〜』にしてもハノイの未発表作品のクオリティが恐ろしく高いです。(ファン目線ですみません)


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ