戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 575506 (41)



Greatest Hits
販売元: Hard Leaders

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このグレイティストヒッツは、’88年に発売されたアルバムに、新たに4曲(4、5、14、16)を加えて曲順も大幅に変更、
更にカバーアートもシックな新デザインとなり’96年に発表されたもの。ベスト盤のリイシューというにはもったいない作品だ。

本作の良さはセンスよいコンピレーションに負うところが大きい。
キャリア中最も成功した‘81年発表「Dare!」(1、2、6、8)を始めとした、ニューロマンティック・シンセポップの代表的存在だった80年代前半の楽曲群と、
音作りのターニングポイントとなった‘86年の「Crash」(11,15)とその延長線にある‘95年発表「Octopus」(4)が、一体となっていて自然に聞けてしまう。
そして16はこの2つの流れの集大成といった趣きで見事な再生を果たしている。

個人的には、Jam and Lewis' teamの名曲15「Human」がダントツに好きだ(・・名コンポーザーとしてのOakeyには悪いが・・)。
デジタル楽器は旬が短く、最新に聞こえた曲が10年も経つと確実に古臭くなってしまうことが多い。
しかし、DX7、Linn Drumを最大限にフューチャーした15は、20年という時を全く感じさせない。
また、「(I’m only) human ,born to make mistakes」というリフレインが印象的な歌詞には、どこか無常観すら漂うようところがスゴイ。

結論として、間違いなく「買い」です。




Greatest Hits
販売元: BMG International

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 初期エレポップのような音作りが、自分には全く合いませんでした。コレが時代性ってやつなのかなぁ・・・ でも聞き覚えのある曲も何曲かありました。 ヴォーカルも面白いと思います。




Greatest Hits
販売元: Warner Bros.

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Greatest Hits
販売元: Intercontinental

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Greatest Hits
販売元: EMI

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このグレイティストヒッツは、’88年に発売されたアルバムに、新たに4曲(4、5、14、16)を加えて曲順も大幅に変更、
更にカバーアートもシックな新デザインとなり’96年に発表されたもの。ベスト盤のリイシューというにはもったいない作品だ。

本作の良さはセンスよいコンピレーションに負うところが大きい。
キャリア中最も成功した‘81年発表「Dare!」(1、2、6、8)を始めとした、ニューロマンティック・シンセポップの代表的存在だった80年代前半の楽曲群と、
音作りのターニングポイントとなった‘86年の「Crash」(11,15)とその延長線にある‘95年発表「Octopus」(4)が、一体となっていて自然に聞けてしまう。
そして16はこの2つの流れの集大成といった趣きで見事な再生を果たしている。

個人的には、Jam and Lewis' teamの名曲15「Human」がダントツに好きだ(・・名コンポーザーとしてのOakeyには悪いが・・)。
デジタル楽器は旬が短く、最新に聞こえた曲が10年も経つと確実に古臭くなってしまうことが多い。
しかし、DX7、Linn Drumを最大限にフューチャーした15は、20年という時を全く感じさせない。
また、「(I’m only) human ,born to make mistakes」というリフレインが印象的な歌詞には、どこか無常観すら漂うようところがスゴイ。

結論として、間違いなく「買い」です。




Greatest Hits
販売元: EMI

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

このグレイティストヒッツは、’88年に発売されたアルバムに、新たに4曲(4、5、14、16)を加えて曲順も大幅に変更、
更にカバーアートもシックな新デザインとなり’96年に発表されたもの。ベスト盤のリイシューというにはもったいない作品だ。

本作の良さはセンスよいコンピレーションに負うところが大きい。
キャリア中最も成功した‘81年発表「Dare!」(1、2、6、8)を始めとした、ニューロマンティック・シンセポップの代表的存在だった80年代前半の楽曲群と、
音作りのターニングポイントとなった‘86年の「Crash」(11,15)とその延長線にある‘95年発表「Octopus」(4)が、一体となっていて自然に聞けてしまう。
そして16はこの2つの流れの集大成といった趣きで見事な再生を果たしている。

個人的には、Jam and Lewis' teamの名曲15「Human」がダントツに好きだ(・・名コンポーザーとしてのOakeyには悪いが・・)。
デジタル楽器は旬が短く、最新に聞こえた曲が10年も経つと確実に古臭くなってしまうことが多い。
しかし、DX7、Linn Drumを最大限にフューチャーした15は、20年という時を全く感じさせない。
また、「(I’m only) human ,born to make mistakes」というリフレインが印象的な歌詞には、どこか無常観すら漂うようところがスゴイ。

結論として、間違いなく「買い」です。




Greatest Hits
販売元: BMG Special Products

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Greatest Hits
販売元: RCA Victor Europe

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

元ツーリストの2人と言うよりもMTV世代にはユーリズミックスのデイヴ・スチュアートとアニー・レノックスと言ったほうが数倍通りがいいのだろう。アニーの映像的な強さはそのインパクトある歌声とともにMTVで最も印象に残る存在だった。
デイヴ・スチュアートは1952年9月9日に英国北東部のサンダーランドに生まれ、アニー・レノックスは1954年のクリスマスにスコットランド、アバディーンで生まれている。アニーはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックでフルートを学ぶため17才で上京したが学校になじめず最終試験直前でドロップアウトしてしまう。そしてレストランでウエイトレスをしていたところで1977年、デイヴ・スチュアートに『僕と結婚してくれないか?』と声をかけられ共同生活を始めるのである。
しかしながらユーリズミックスとなったときには二人はカップルとしては破綻していて一対一のミュージシャン同士の関係として音楽を追及することになる。そしてそれは当時としては先進的であったヴィデオ・クリップにも及んでいったのだ。
本作はその進化の過程を余すことなく捉えたベストとなっていてMTV世代には響く。2003年6月にはアルバム『Bare』を11年ぶりに発表した。ユーリズミックスでのボーカルはいささかも輝きを失わずこのアルバムでも健在だ。いささか残念なのは昔のようにエレクトロ・ダンス・ビートの曲が少ないこと。既に彼女の頭の中ではエレクトロ・ダンス・ビートは過去のことのようだ。




Greatest
販売元: Pid

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






Great Speeches from the First Century of Recorded Sound
販売元: United States Dist

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ