戻る

前ページ   次ページ

ミュージック 916626 (167)



ライブ!!はっぴいえんど
販売元: キングレコード

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライブ!!~第3回パークタワー
販売元: キングレコード

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライブ!
販売元: ヴィーナス・レコード

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

調べたら、1981年の録音ですね。ブラジルから帰って、やる気になって、全国ツアーにでたときのものです。たしか、高知、徳島、今治、松山とまわったのです。私が松山をボランティアで担当しました。この録音は高知のアルテックで店主の青山さんが録音したものが中心。

このころは、演奏するというだけで、ファンはうれしかったんです。Trioレコードがツアーの録音のいいのをあつめて発売するといったんだけど、聞いてみるとベストじゃないですね。松山はもっとよかったし、他にもっといいのがあったはず・・
ただ、これ以降の録音は、1990年の「エスタテ」だけなんで、今となっては、このライブもひとつの思い出です。

ついでながら、今も東京で元気にライブをやっています。まただれか、録音してほしいですね。




鼓童VS山下洋輔ライヴ
販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






雷舞-LIVE-
販売元: インディーズ・メーカー

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

日本を代表するテクニカル・ジャズフュージョンユニット「Fragile」がグループ結成10周年を期にリリースした初めてのライブアルバムです。2003年発売。題字はプロレスラーの高山善廣が担当しています。そういえば前後して発売されたスタジオ盤「斬-ZANN」では「藤岡弘、」が題字を描いていましたね。取り上げられている曲も「斬-ZANN」からの選曲が中心です。

デビュー作以来、菅沼孝三(ドラム)と水野正敏(ベース)のリズム隊が作り出す正確無比の変拍子に矢堀孝一のギターが切り込んでいくというスタイルを一貫してつき通してきた3人ですが、では一体ライブではどんなプレイを聴かせてくれるのだろうか、という点には個人的に大変興味深いところでした。で、一聴してみると案の定、スタジオ盤とほとんど遜色のない超絶技巧が展開されていて、安心というか、なるほどと得心した次第です。結局、彼らはスタジオだろうとライブだろうと、いつでもどこでもかたくなに自分のスタイルを堅持してくれています。ここまでくると一種の「様式美」というか、「金太郎飴的」な予定調和ですね。ライブならではの臨場感を求めてこのアルバムを聴くと、いい意味でも悪い意味でも見事に裏切られます。

唯一ライブ的なのはメンバーのMCが聴かれるラストの「O-MA-KE」くらいでしょうか。ただ、この「曲」がアルバム全体の中でどのような意味合いをもっているかは、まるで理解できませんが(笑)。





雷舞
販売元: EMIミュージック・ジャパン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライヴ!!はっぴいえんど
販売元: キングレコード

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライヴ!
販売元: ソニーレコード

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

1980年12月5日金曜日のサンフランシスコ、ワーフィールド劇場にてライヴ録音。現在のCDはオリジナル・マスターからリマスタリングされていてより素晴らしい。

このアルバムこそ所謂アン・プラグドの先駆であると思う。生ギターだけで徒手空拳3人がギター・バトルを繰り広げる。ギターをやった人間なら分かるが、このアルバムのような演奏をするためにはそれこそ鋼鉄でてきていてしかも快速で動かせる疲れを知らない左手が必要だ。こいつら3人の左手は一体どんなになっているのか見てみたい、と思わせるほど人間離れした、そして人間味溢れる素晴らしいアルバムだ。

このアルバムが他のギタリストたちに与えた影響も大きい。思いつく中で一番その影響を感じるのが渡辺香津美の『ドガタナ』のトリオ・ギターだ。しかしながらこの鋼鉄の左手を持つ3人には遠く及ばない。トリオで演奏する最終曲『Guardian Angel』にはただ唖然である。ギター弾きは必聴盤ですね。




ライヴ!
販売元: ポニーキャニオン

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ライヴ
販売元: PSF records

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)




前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ