戻る

前ページ   次ページ

DVD/ビデオ 575126 (147)



ダイノトピア 第三章 地下世界への扉 ノーカット完全版
販売元: ビクターエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

子供むけの冒険ファンタジーというところでしょうか。全3巻を6回くらいに切って子供たちに見せると受けること間違いなし。ダイノトピアという世界で「サンストーン」がどういう価値を持つ石なのかが理解できさえすれば大丈夫です。

あまり突っ込まないで観ればオトナも充分楽しめます。オトナの場合、この最終章の後どうなるのかに強い興味が残るのではないでしょうか。そこまで描いていただけるとよかったのですがちょっと残念でした。子供はこのあたりで終了しても充分満足するでしょう。




ダイノトピア 第一章 地図にない島 ノーカット完全版
販売元: ビクターエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

とにかく第1巻目だけでいえば、
少年少女向けのTV冒険ドラマとして十分楽しめると思います。
異母兄弟の主人公2人の青年が遭難し異界の島に漂着するのですが、
そこは恐竜と人間の共存している世界。
第1巻目で、その世界をよく思っていない人間が登場し、
その世界の真の指導者のような言葉も出てくるので、

今後の展開としては、異母兄弟が2派に別れてしまい、
そんな戦いの中から大切なものを見出し、
そして元の世界に戻るか、その世界にとどまるのか・・・
しかし、
このDVDビデオの売りは吹替版でダンディ坂野を起用していること。
図書館司書のとぼけた恐竜役で登場です・・・かなり浮いてます(笑)




ダイノトピア DVD-BOX
販売元: ビクターエンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

正直、ツッコミどころもありますがかなり楽しめました。
良くも悪くも起伏に富んだ展開で良いです。

恐竜ものの映画ってどうしても前半まったりだけど
後半からは建物などに迷い込んで恐竜の追跡を逃れながら
脱出をはかるという2パートのありきたりな展開に
なりがちなんですよね。
もっとその世界のことが知りたいにといつも不完全燃焼に
なってしまいます。

その点これは全編に渡ってこの恐竜王国の世界を堪能できます。
おすすめです。




ダイナソーウォーズ
販売元: ファインフィルムズ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

 中途半端な評価でごめんなさい。

 この映画は星0か10か(ないけど)、両極端で評価すべき映画です。とにかくつっこみどころ満載、ストーリーはあってなきがごとし、時代考証ゼロ、というより時代考証という言葉が愚かに見えてくるほどいいかげんで(行き倒れしかけているときに一人で首長竜を絞め殺すとか)、またその場その場の思いつきで話が進展します。見ていて飽きません。口があんぐり開きっぱなしで。
 ジュラシックパーク並の恐竜のCGIを期待してはいけません。恐竜はクレイアニメですから。
 
 そうそう、話のあらすじは「400万年前に恐竜と人類が共存していた時代があった。女を巨大神の生贄に捧げる謎の部族に自分たちの部落が襲撃された3人の原始人の若者がその救出に!向かう話」って感じでしょうか。

 私は好きです、こういう映画。なぜかというと筋肉むちむち汗でつやつやのマッチョ青年(金の長髪)やら悩殺ポーズで水浴びをする半裸の女性(ものすごくナイスな体)などが見られたから。




ディノクロコ
販売元: ジェネオン エンタテインメント

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

モンスターパニック物が好きで
ワニも特に好きな方なので

目についた途端さっそく鑑賞しました

これまでUMA1、2や様々なワニ作品を見ましたが、
この作品はワニの大きさだけなら単純に一番かもしれません

進行具合は、はっきりとではないですが、
序盤からいきなり姿を現します

流れがモタついてる上に危機感を感じられません

巨大ワニが出てもちょっと映ってまた別シーンになってしまうのも萎えました

それにワニがいるとこにいる人間よりも指示などを出している本部ばかり
映すのもあまりいいとは言えませんでした

最後の倒した後などもあれで倒したのっていう感じです

終わり方もハリウッド版ゴジラに似ていたのと街に来て暴れる所を見るとワニ作品というより怪獣作品ですね

けして期待して見ない方がいいと思います。
暇潰し程度ですから。




バンパイア 最後の晩餐
販売元: パイオニアLDC

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






マリアの受難
販売元: ブロードウェイ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ローズ・レッド:ザ・ビギニング
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

前作が大好きな私は、裏話を知ることが
できて、とても面白いビギニングだった。

主人公エレン・リンバウアーは美しいし、
クラシカルな衣装や小道具も目に楽しい。

スキーナもパワーアップして大活躍だった!

彼女の意味あり気な視線、思わせぶりな
行動に、ワクワクしてしまいました。

前作は、いかにもホラーでゾクッとしたが、
このビギニングは夫婦の愛憎ドラマだった。

ゴーストが登場しているのに恐怖感はなく、
夫婦のやりとり、その夫婦仲を楽しみました。




ローズ・レッド:ザ・ビギニング
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)






ローズ・レッド:ザ・ビギニング
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ

Amazonのカスタマーレビュー(口コミ)

原作が長時間のTVムービー化するのが最も多いのはスティーブン・キングだろう。
DVD化されていない「ザ・スタンド」が最も長く傑作だと思うが、ローズ・レットも出来が良く、原作で表現された内容以前のストーリーをTVムービー化した本作が作られたのも高い評価を得たからだろう。
キング原作のTVムービーで追加ストーリーが作られたのは初めてであり、今後も原作の拡大という形で、他の作品も同様に追加版TVムービーが作られるかも知れないと期待させられる。
本作を観てから、ローズ・レッド本編を観るとネタバレみたいな気もするが、どちらから先に観ても楽しめる。
この作品も本編と同じくWOWOWで日本語版が放送されてからDVDが発売されているので低価格の廉価版が出るまでは、そんなに売れないだろう。


前ページ   次ページ

戻る

仮想世界 - シューティング/レース/電車ゲーム フライトシミュレータ